6698c. GISAID

ここにウイルス系統樹の原図がある。Global lInitiative on Sharing All Influenza Data「鳥インフルエンザに関する情報共有の国際推進機構」

https://www.gisaid.org/epiflu-applications/next-hcov-19-app/

This phylogeny shows evolutionary relationships of HCoV-19 viruses from the ongoing novel coronavirus COVID-19 pandemic. All samples are still closely related with few mutations relative to a common ancestor, suggesting a shared common ancestor some time in Nov-Dec 2019. This indicates an initial human infection in Nov-Dec 2019 followed by sustained human-to-human transmission leading to sampled infections.

Site numbering and genome structure uses Wuhan-Hu-1/2019 as reference. The phylogeny is rooted relative to early samples from Wuhan. Temporal resolution assumes a nucleotide substitution rate of 5 × 10^-4 subs per site per year. Full details on bioinformatic processing can be found here.

Phylogenetic context of nCoV in SARS-related betacoronaviruses can be seen here.

6622c. これってあの論文と一致か?

前に出したSとL の2つのタイプがあるという説とは、このツリーの見え方は違いがあるように思える。

左の国の名前のところにカーソルを持っていくと、右のツリーの丸が大きくなって国を色だけでなく見分けやすくなる。

(4つに分かれて見えるし、どこにも武漢のウイルス(紫)は入ってるし、日本のウイルス(青)も武漢のウイルスと同じところに入る)

むしろ、黄緑色から黄色の北欧(オランダ)の上から3つ目の群だけが外れてて、そこには日本は入ってないと見るべきだろう。

というわけで、S(セリン)型とL(ロイシン)型の違いについては、判断を保留する。

https://nextstrain.org/ncov?c=gt-ORF8_84