6627c. 対岸のプリンセス

ダイヤモンド・プリンセス号の対応で批判を浴びた(というより、自ら放送する人がいた)検疫対応だが、カリフォルニア沖では「グランド・プリンセス」号が沖留めされているらしい。

日本人は乗ってないといいけど。(半数がカリフォルニアの人だって)

香港から日本に来るまでの間に、かなり広まったダイヤモンド・プリンセス号よりも、もっと長い間、隔離措置をしてなかったのよね?

2500人を軍の基地に収容するのかしら?

2月11日にサンフランシスコから出航、メキシコへ向かった。その後、2月の終わりにメキシコからハワイへ向かい、ハワイ4島を訪ねた後、米国時間3月5日にサンフランシスコに帰港する予定になっていた。

船は、乗客の検査が終わるまで沖合に停泊させ、着岸させない模様だ。では、どうやって、検査するのかというと、船に検査キットを飛ばし、検体を送り返してもらってラボで検査するというやり方が計画されている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200305-00166234/

これ「検査キット」じゃありません。「検体採取用キット」です。

新型コロナのRT-PCRができるのは、限られたラボだけですからね。( CDCが配布した試薬が動かなくて回収騒ぎがあった)

6572c 追記(2020/2/28)

下手な取り方すると、咳やくしゃみを浴びて検体採取する人が感染する。

下手な取り方をすると、陰性に出てしまう。(そして陰性だと信じた人が市中感染の元となる)

3月4日は、ワシントン州以外では初めてカリフォルニア州で新型コロナウイルスによる死者が確認されて、アメリカで大きなニュースとなっていた。実は、亡くなった71歳の男性(慢性疾患を持っていた)は、2月11日から21日まで、このクルーズ船に乗船し、サンフランシスコからメキシコに向かった。そのため、州は、CDCと協力して、亡くなった男性と同じルートで乗船していた2500人の乗客へのコンタクトを行っている。

 カーニバル社も、2月11日から21日の間にこのクルーズ船に乗船した客は、発熱や咳、呼吸困難などの症状が現れたら医師にコンタクトするよう訴えている。

 また、サンフランシスコ郊外のソノマ郡でも、亡くなった男性と同じルートで乗船した乗客が新型コロナウイルスに感染、現在治療を受けているが、州知事によると「非常に難しい状態」だという。

 クルーズ船での集団感染や州で初の死者が出たという事態を受け、ニューサム州知事は、ワシントン州、フロリダ州に続き「非常事態宣言」を出した。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200305-00166234/

コレを読むと、実は「すり抜けてる例」が多数すでにアメリカに散らばってる=検疫失敗に読めますね・・・・・今から必死にゾーニングしても遅いかもしれません。

比較対象例=日本の場合 約4人に1人が感染した。

クルーズ船ダイアモンドプリンセス号(以下クルーズ船)は、2020年1月20日、横浜港を出発し、鹿児島、香港、ベトナム、台湾、および沖縄に立ち寄り、2月3日に横浜港に帰港した。この航行中の1月25日に香港で下船した乗客が、1月19日23日から咳をみとめ、1月30日に発熱し、2月1日に新型コロナウイルス陽性であることが確認された。そのため、日本政府は2月3日横浜港に入港したクルーズ船に対し、その乗員乗客の下船を許可しなかった。2月3日からの2日間、全乗員乗客の健康診断が検疫官により行われ、症状のある人、およびその濃厚接触者から新型コロナウイルスの検査実施のために咽頭ぬぐい液が採取された。2月5日に検査結果よりCOVID-19陽性者が確認されたことから、クルーズ船に対して同日午前7時より14日間の検疫が開始された。この時点でクルーズ船には、乗客2,666人、乗員1,045人、合計3,711人が乗船していた。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9410-covid-dp-01.html