6602c. 子供の感染率

子供は新型コロナに感染しないのではなく、「感染しても症状が出にくい」可能性がある。むしろ「軽い症状」の子供がウイルスを広げてしまう可能性がある(
悪魔の勘ですが)。

(この場合の子供とは、乳児を指すのではなく、幼児や学童ぐらいを指す)

思えば子供は風邪を引きまくる生き物である。しかし熱があっても遊びに行くと言い張ったり、鼻水を垂らしながらも死ぬ様子も見せずに免疫を獲得して行くのだ。

中国では、春節に後付けする形で学校を休みにした。会社の休みも長引かせたところもある。

春休みにくっつける形での2週間の休校は悪くない決断だと個人的には思う。働く母としての苦労を考えても、それでも。

症状の軽い人、ほとんどなかった人が感染したかどうかは抗体を持つかどうかを調べなければ分からない。しかし、一般的な風邪のウイルスにもコロナウイルスがある中で、新型コロナ感染だけを区別できる検査は、まだ開発されてないので、あくまで悪魔の勘でしかない。事実は後から分かる。だから、「子供は感染しにくい」という中国の発表を鵜呑みにせず、休校に踏み切った判断を私は支持したい。少なくとも、インフルエンザの流行を抑え込むことに休校は意味がある。それだけでも「医療機関の負担」は減らせる。毎年、冬のインフルエンザの流行は老年齢層の超過死亡に寄与しているのは明らかなのだから。