6540c. こいつもマメな

カレトラは、抗 HIV薬(リトナビル・ブースト・ロピナビル)のこと。これは、プロテアーゼ阻害剤と呼ばれるカテゴリーの薬だ。

プロテアーゼは、タンパク質を切るハサミのようなものだが、どこでも切れるってもんではなく、鍵と鍵穴の関係のように相手の好みがある。HIVのプロテアーゼはアスパラギン酸を好む、コロナウイルスのプロテアーゼはシステインを好む。 だから、通常の濃度では「切れ味」が悪く、論文中ではHIVに対して使う量の100倍程度の高濃度を使って結果を出している。

MERSの動物実験や臨床で抗HIV薬の効果があった例があったそうだが。理論的には、核酸誘導体であるRNApolymerase阻害剤のアビガンやレムデシビルの方が「汎用性」が高い。