6311*. 集団ストーカー

集団ストーカーというキーワードを使うと、別の人種がわらわらと湧いてくるので、知らない人がうっかり使うと、電波を受信してしまいます。

ご注意ください。以下、解説

集団ストーカーとは不特定多数によって個人を尾行・監視・付きまとい・嫌がらせをする人達、及びその行為をす。しばしばガスライティングとしてネット上の一部で話題に挙げられる。以下の2パターンが存在する。

妄想による集団ストーカー被害とはに「被害者」が自分は何か大きな組織によって監視されていると感じる(らしい)被害妄想のこと。統合失調症が原因となる。

その手段は町を歩いていると他人が笑ってきたり、店にいると自分のまわりに人が集まってきたり、自宅の周囲で何か大きな騒音を起こしたりといったものである。と自称被害者たちはおそらく大している。呼び名もめかしだとか仕立て上げだとかバリエーションも豊富である。

カンのいい人なら分かったと思うがこれは自称被害者の妄想である。笑いの聞こえない町、人の集まらない店、騒音のない住宅というものがどれだけ不自然なことかと考えるとその答えは自然にでてくるであろう。もしあなたがこのような症状にさいなまれたらすぐに「信頼できる」精神病院へ。現在では統合失調症などは物の投与などで回復できるようになっており、期の治療が望ましい。

ところで被害者の発言を信じるならば大量の集団ストーカー加者がいるはずだが、企業にも宗教団体にも関連のない人を相手になぜそのようなことをするのか、また、どこで雇用しているのかは一切がである。

集団ストーカー(ガスライティング)で検索をかけると良くも悪くも分かりやすい内容が多数アップロードされているので、この記事を見るよりも、そちらを見た方が納得できるかもしれない。

ちなみに集団ストーカーとはガスライティングの別名であり、意味合いとしては同義とされている。

関連リンクにある「集団ストーカーの歴史と分析」においては、近年インターネットでその被害者たちが連絡をとりあうようになり、さらにその症状が悪化していると書かれている。悪化すると人の話を聞かなくなり、更に被害妄想をこじらせるので注意が必要であるとも書かれている。

https://dic.nicovideo.jp/a/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BCより引用

コミュニティや組織などから、実際に被害を受けるもの

こちらは宗教団体からの脱退を目論む人に対して、団体側が仕掛ける場合もあり、気をつけなければならない例でもある。