6303コメント(2020/2/12)

(コメントいただきました)

愛ある批判を三宅さんが少しでも理解できていたら、別の生き方ができたんだろうって思う。

(コメントありがとうございました)

良薬は口に苦しと言います。苦言を呈する人を敵として排除した結果、イエスマンか自分を利用する人しか残らなかった。よくある話として、教訓にしなければなりません。

(コメントいただきました)

家族ぐるみのお付き合いの近親者の来夢さんに聞けばいいwww

(以上)

忌明けにも宗派によって異なります。仏式の場合、49日の場合と35日の場合がある。三宅さんの場合、神式で11日に50日祭として行われました。

五十日祭とは、仏教の四十九日法要にあたる神式の法事です。仏式では、葬儀・告別式後、七日ごとに法要が行われ、四十九日で忌明けとされますが、神式では、「葬場祭」または「神葬祭」と呼ばれる葬儀後、十日ごとに「霊祭(れいさい、みたままつり)」という法事を行い、五十日祭で忌明けとなります。葬儀後の祭儀の中でも、親族や知人を集めて特に丁重に行われる「五十日祭」を終えると、遺族は忌明けとなります。神道の儀式の中でも大切な意味を持つ五十日祭ですが、神道の中で、「死」は「穢れ」とされるため、通夜祭・神葬祭などと同じく、神様のおられる神社ではなく自宅や斎場、墓前などで祭儀を執り行います。神事の儀礼の後に、神饌(神・御霊に捧げられた供物)を祭壇から下ろし、参列者でいただく会食です。直会は、神饌をいただくことで、その力を分け合い、尊い存在と強く結び付くことができるという意味を持ちます。このように宗教的にも重要な儀礼であるとともに、参列者それぞれが故人を偲び思い出を語り合うためにも大切な場となります。神道の場合は「直会」が仏式の会食よりも大変重要な意味を持ちますので、玉串料は会食代をあわせた金額を包むのがより望ましいでしょう。

https://www.e-sogi.com/guide/17018/

2月11日は、ご親族のみでと聞き及んでおります。法事は遅れるのを忌み嫌うため、前倒しされることが普通です。(人が集まりやすいように、仏式では多くの場合、初七日は葬儀の後に同日中に行われることが多い)

某「御遺族関係者様」は守護神となられた存在と御縁を結ぶ「直会」に呼ばれなかった、ただ、それだけのことです。