6255. 第5次だけでも

佐々木弁護士からは提訴される。北弁護士(第6次)からは逃げられるけどね。

嶋崎&北海道からも逃げられる。LAZAKのダブル金からも逃げられる。

これだけからも「本命は佐々木」だったことが明らかだ。

1. 2019-12-29

16.2019-12-29様
14の者です、私も同じ認識です、また封筒の日付訂正も同じです。
8様の言われるように中身は恫喝っぽい感じがしました。
7様、ご教示ありがとうございました。

17. 2019-12-29

6.2019-12-6様
返信遅くなりまして申し訳ございません。
併せてご指摘とアドバイスありがとうございました。次回以降の書き込みには気をつけて対応させていただきます。
選定当事者の件につきましては、健康の事もありますが今後の事も考えて検討して見たいと思います。
ありがとうございます。

16. 2019-12-29

当方も2019年12月26日に封書で届いております。
封筒にある日付は2019年12月14日を24日に訂正していました。
14.様と同じく、当方は5次までしか参加しておりません。
勝手な想像ですと、佐々木・北がタッグを組んで記者会見までした内容では6次対象だったようですが、ここに来て、佐々木が5次のみの参加者にも和解文書を送付したのではないかと思います。

8. 2019-12-28

7様 ご丁寧にありがとうございました。
訴状が届いてからのお話しなのですね。わかりました。
しかし、神奈川総合法律事務所の通知の中身は言葉遣いこそ丁寧でも中身は恫喝っぽくて、とても人権を扱う心の持ち主とは思えませんでした。拉致被害者よりも朝鮮学校への補助金の方が優先順位が上なんて狂ってます。

7. 2019-12-28

1様、
提訴予告と和解のお知らせは無視していても大丈夫です。裁判所から訴状が届いたら、余命様にメール連絡して落ち着いてください。落ち着いたら訴状をPDFでコピーしたものを速やかにメールします。連絡しなければ余命様は何も情報が得られませんので、選定当事者になれなくても、とにかく連絡です。

私は自分の地域の裁判所の傍聴に行ってみたいのですが、情報はどのように得られるのでしょうか。どなたか教えてくださいませんか。

余命があげてた判決表を見ると、微妙に賠償金の金額が下がって行ってる傾向が見て取れる。

6235. 事件番号リスト

総額3億円の損害があったかどうか、主張してみる価値はあろう。

その主張は「選定当事者」はしてはくれない。

(コメントいただきました)

11000円判決(ワ)27290 は、本人訴訟の男性でしたね。せんたくblogの(オレンジリュック)

(以上)

徳永・猪野弁護士が頑張ってくれた後だと、本人訴訟でも勝ち目が出てくるかもしれません。11000円だと和解するより安い。

名前が裁判所に張り出されることを耐え、平日に出廷できる人は、頑張ってみる価値もあるだろうに。

ミラーサイトにコメントを入れれば、ずるずると、また信者に戻ってしまう。

あれを止める手立てはない。残念ながら。