6034. 余命信者の脳構造2

三宅さんは「余命側の情報」を得る努力は一切しない。いつも「理解できない」としか言わないのは、そのためだ。知ろうとしてないから、わからない。

単純な話です。

余命の懲戒請求に自分では参加しないで、煽るだけという野次馬が、実行者たちをリングから降ろさない。彼らは火の粉がかからないところから、面白半分で応援する。しかし、実行はしなかっただけで思考パターンは信者と同じ。

そんなサテライトブログをまた1つ、見つけました。「真性日本人のブログ」

懲戒請求書に日付が〜〜と騒ぐ記事に私はコメントを入れました。

1. 余命が日付を記入してます余命リターンズ0009記事を読んでください。

いただいた懲戒請求書には日付が記入されておらず、すべて同じ日付を発送直前に記入するという対応がとられていた。これにより同じ日付の懲戒請求書は100単位であれば日本再生大和会経由であることがわかる。

と書いてあり、少なくとも6/19,7/16,11/1、11/4の日付を彼が記入したことは自分で認めてます。悪魔の提唱2019-12-10 19:28:50

https://ameblo.jp/izamisa–3254/entry-12555436060.html

それに対する反応を見ると、彼らが「都合の良い解釈」に終始するキーワードが見つかります。

今訴訟中だよな。

余命さんが日付けを入れたというなら当然そのことも訴訟中に準備書面に記載して持ち出しているよな―――

持ち出していないなら持ち出せと助言してやればいいのではないかな。

あとは裁判所の判断だよ。

なので

この弱小ブログに持ち出しても何の意味もないよ。

ただ言って置くけど余命さんがあのブログを書いたときは余命さんの周辺でスパイが暗躍して時だよな。

それ「敵をダマすには味方から」という格言があるよな。

「人をダマすのには9の真実と1の嘘を交えろ」とも言うな。

知ってるよな。

スパイだけが人をダマすテクニックを使えないというわけではないよ。

スパイをダマすのにこのテクニックを逆用することもあるわな。

そういえば裁判所もそのことに乗せられて余命さんを経由して辯護士會に送られたモノもあるというような判断をしていたようでもあるな。

ジャ もう裁判所には出されているのか―――

しかし、これは明らかに違うからな。

「日本再生大和会」を通してのみ送られているのな。

余命さんが取りまとめて辯護士會へ送ったなどということはないよ。

ダマされ過ぎだよ。

それから、その後の余命さんブログでは横浜辯護士會の日付空白の懲戒請求書の返戻があったということも言ってましたナ。

他の辯護士會でも日付空白で返戻があったことは確認しているとも言ってたよね―――

後はどっちのブログに書いてあることを信用するかだよな。

アッ それから、これは弱小ブログです。

ゴチャゴチャするのは嫌なのでコメントは承認制にしました。

https://ameblo.jp/izamisa–3254/entry-12555678766.html

キーワードは、「敵を欺くには味方から」です。

ブログにどんな矛盾があっても、これで矛盾してたことすら忘れることが可能です。

その上で「他の情報をシャットダウンし、余命だけを信じる」=コメント欄を閉じる。

NHKがクローズアップ現代で「フィルターバルブ」と「エコーチャンバー」を取り上げてましたが、まさに、それ。

11月1日どころか、消えた以前のブログではずっと、日付の入れすぎで肘を骨折したと言ってたのにねぇ。

4157. 余命の墓穴

4145. 日付空欄

964+. ミサワって誰?(正解でした)

三宅さんも「腰が悪いけどネットはできる」のならば、余命関連ブログぐらい巡回して回れば、面白いものがいくらでも見つけられるのに。

あなたの目の前の箱、手のひらの板は、ただのテレビですか?ただの携帯ですか?と言いたいですね。

6027. 余命読者の脳構造

「ネットの集団心理」って自分で書いてるけど、な〜んにも、自分の頭で理解してないんだよね、このルポライターさん。先行報道のまとめで連載を乗り切ったのは、それだけ多くの記者や江川さんが既に記事にしてたから、コピーする素材はたくさんあったってことですな。