6026. 日本発進さんへ

6025の終わりに書いたのですが、あまりに下の方だったので、改めて書いておきます。

神奈川県弁護士会が懲戒請求者である嶋崎弁護士へ渡すのは「目的の範囲内=合法」、嶋崎弁護士が訴訟するために和解者まで含めた591名全員の名簿を添付したのは「目的外使用」(10名の被告名簿は合法)

そこを神奈川県弁護士会側が突いてくると余命側は負けます。

知ってて余命のいいなりに「神奈川県弁護士会」を被告にいれた訴状を作る江頭弁護士は、「京都朝鮮学校」の代理人の尻尾が見えてますね。

これも一種のマッチポンプになります。

本当に日本発進さんが勝ちたければ、被告から神奈川県弁護士会を外して嶋崎弁護士だけに絞るべきです。

と「悪魔の提唱」書いておきます。