5855. onekosanの疑問に

お答えします。

広島はどうして認容額が別なのかな・・・https://blog.goo.ne.jp/onekosan/e/f2c282c4fc7cf26e8da0ddc5e6ef1eff

これまでの判決では、「頭おかしい」の文言に誰も焦点を当ててきませんでしたが、この広島地裁においては、この文言が「弁護士としての品位に欠ける」と判断され、それならば懲戒請求をするに相応の理由がないとは言えないと、請求者に最大限に甘く基準を下げてくれたものです。

「 何人 も」とされていることは,懲戒請求者に,恣意的な懲戒請求 を許容 したり ,広く免責を与えることを意味 するわけではない。「その調査検討義務は上記のとおり厳格に要求されるものではないとしても,安易 に懲戒請求がなされてよいということではないのである 。「懲戒請求者は,懲戒事由があることを事実上及び法律上裏付ける相当な根拠について調査検討をすべき義務を負う」

この義務を果たしてない(ツイッター一発での懲戒請求などあり得ない)として、これまでは「不法行為」認定は揺るぎませんでしたが、発言内容まで踏み込んで、「頭おかしい」は懲戒事由があることを事実上裏付けると「素人が思っても」許すとしてくれた、唯一の判例となっていると私は解釈しています。

議決書が出てるか出てないか、そんなことに拘っていると本質を見失います。

真実に近づけさせない、複雑にさせる効果が絶大・・・とでも表現しましょうか。

弁護士は38000人います。あなたもご発言の前に、リアル社会で少しぐらい弁護士と会話して勉強なさったらよろしいかと思います。余命読者は「相手の土俵」の上にいるのですから。

上記のコメント頂いた方は裁判資料をご自分できちんとご覧になられている様ですが、

私の情報源は「被告」です。ご自身が訴えられて、目が覚めたという方が相談に来られます。余命に「なりすまし」呼ばわりされて頭に来たと資料を私のところに置いて行かれます。私は2018年から、弁護士さん探しに付き合ってきました。私の正体を明かした弁護士さん、明かしてない弁護士さん、ご相談できる相手は増えています。自分の解釈が法的に正しいかどうか迷ったら確認を取るぐらいの人間関係は築いてあります。

私は個人情報を取得するような真似は致しません。ただ、余命関連の経緯、複雑な背景を一から説明する手間が省ける方をご紹介するだけです。