5848+. 定見なき風見鶏2

「弁護士と闘う会」改め「弁護士自治を考える会」様は、東京弁護士会には深い思い入れ(定見)があるものと、お見受けいたします。

成立させた東弁には責任の一端も追及せず、成立させられた懲戒請求者に金銭を請求する弁護士、どこに弁護士としての「正義」「真実」があるのでしょう。

「成立させられた懲戒請求者」ですってよ、奥様。

これが「定見」と言うものですって。

余命が『日付は空欄だったはずだ、不備があるとして返戻するはずが受理されてしまった、おかしい』と騒いでいるのと、瓜二つに見えませんか?

「懲戒」処分を求めたのではなく、弁護士「会」への嫌がらせが「主目的」であれば、「懲戒請求として受け付けられるはずのない不備」をわざと残した形でことを起こし、相手に「受け付けられない」と言わせて問題視する、あるいは「不備なまま受け付けた」とクレームする、どちらに転んでも美味しい作戦ってのは、考えられますが、それって「懲戒請求制度を悪用」していると自白するようなものです。

弁護士としての品位を満たさない「処分されるべき個人」を見つけたから懲戒請求をしたのでなければ、業務妨害(会として)あるいは名誉毀損(個人弁護士)で訴えられても文句は言えないではないでしょうか?

例えば、これが入試の願書だと思ってください。

・不備な書類を書いて、ごめんなさい。

・それでも受け付けて下さって、ありがとう。

普通の人なら、そう思うでしょう?

「受験させやがって、この野郎!」って言う?

弁護士会の事務局ってのは、こんなクレーマーを相手に仕事してるんですね。

お気の毒だと思いました。

(コメントいただきました)

「いかにも」て感じで、誤読させ自らの陣営に誘導していくのは某ルポ子さんと同じですわね奥様
余命 ルポ子 考える会
閲覧者のせんたくもだけど

洗濯一択onekosanも追加でお願いします。

テキサス方面、瀬戸地方、行くだけで戻れない橋、色々とありますね。

事実と異なると指摘しても、まずは私への人格攻撃が返って来て、後から、こそっと「修正」はするけど、私に対して謝罪はないってのが共通項です。

余命とつるんで動画を流していたyoutuber「せんたく」が、その最たるものですけど。私、未だに謝罪されてませんからね。

私の言った通りだったでしょ!と声を大にして言いたいですわ。