5840. ご笑覧感謝6

貴重なご意見ありがとうございます。

少しでも「意に沿わない」意見を述べたら即座に訴訟を言い出す人が個人情報を握る怖さを身をもって体験させていただきました。

(((((カクカクブルブル)))))でございますわ。

この「個人情報を搾取(目的外利用含め)」旨にあたる発信は、“詭弁”であり、すでに“中傷”の領域に入っていると考えます。

また、このような発信「個人情報を目的外に利用するような」根拠なき誤解招く言動・発信を繰り返すことは、当会に対して“根拠無き中傷”であり、いずれ責任の所在を明確にする所存にあることは申し添えておきます。

(以上、引用)

私は「法律相談はできません」ので、誰の個人情報も取得しません。ただ、弁護士は誰がいいでしょうか?とは、よく尋ねられるので、徳永・猪野・川村こちらの3名はどうでしょう?と選択肢を提案しているだけです。私の意見を取り入れるも取り入れないも自由です。

「ネット上の存在」に安易に「個人情報を渡さない」のは、ネットリテラシーとして当然のことと私は思います。

弁護士自治を考える会 法人化に向けて 2016年 10月24日公表記事:https://jlfmt.com/2016/10/24/30955/は三年たっても実現していませんね?

代表者個人のお名前はHPに記載されてもいません。

そもそも「弁護士自治を考える会」さまは、

当会は民事(利益の争い)には関与できません。

とのことです。

この件は誰を通すことなく、弁護士と直接に話をされるのが一番でしょう。彼らは一般人とは異なり、法的に守秘義務を負いますから。