5702. 悪魔のささやき

悪魔の囁きは「悪魔の提唱」とは違う。あなたこそが本当の悪魔だよ>Unknownさん。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/4d1688318ec00ae7b5d41d5a693e61fb

Unknown (Unknown) 2019-11-18 16:50:33 悪魔さん、これは違いますよ。

>1、「選定当事者」にならないこと。賠償金を「一括して」建て替え払いさせられます。
>「選定当事者」になるのならば、賠償金を「うずしお」が払うと一筆を取りましょう。どうせ、夜逃げされると思いますけどね。
>2、「選定書」を送らないこと
>これまで余命の「選定当事者」はろくな主張を出来ずに、満額の賠償金が確定した組もあります。

1は正しい。ただ、2は正しいとは言えません。確かに選定当事者はろくな主張をせずに賠償金を請求されることになるが、選定書を送らない限り、請求書が自分のところに来てしまいます。
選定書を送って面倒なことを誰かになすりつけ、選定当事者の請求を踏み倒すのが正解だと思います。請求書を送っても、放置一択すればいいわけです。裁判起こされても放置一択すれば弁護士代もいりませんし、交通費も平日の昼間の時間もとられません。選定当事者も裁判をいちいち起こすのは大変ですし、少額の訴訟で代理人を雇うと費用倒れします。取り立て?手続きが難しいので弁護士費用がかかりますし、費用倒れになることは確実です。

懲戒請求者にとって、選定当事者は最後の救世主だと思いますが、いかがでしょうか。

(以上)

確かにあなたの言う通りだけど、それを言っては「選定当事者」は本当の地獄を見るではないか?

と思って、今まで明確には言わずに来たんだが指摘されてしまったか・・・

本来なら賠償金は「訴訟基金うずしお」が持つべきだと言って「選定者」が「選定当事者」にお金を払わないってのは、アリエル話だからね・・・・