5677. 私の訴訟に耐えられるかな?

これを法クラの間で笑い者にしてるが、私は不愉快に感じている。

5676. 放クラ流行語大賞

神原弁護士は、960人の懲戒請求者に対して、和解するなら5万、和解しなければ50万の賠償金で訴訟すると手紙を送ったが、実際に訴訟したのは1名の女性のみだ。

嶋崎弁護士は同じような手紙(訴訟額は30万)を2回も出している。最初から全員を訴える気がなくて手紙を出してたとしたら、竹田氏と同じことをしてないだろうか?使ってる言葉は違うけど。

もしも、このまま神原弁護士が「反訴」に胡座をかいて、自分では誰も他に訴えることなく時効を迎えた場合、法曹クラスターは「竹田民」を笑えるのだろうか?

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る