5676. 法クラ流行語大賞

パワーワードとして「貴殿は私の訴訟に耐えられるかな?」が、めっちゃ受けてるらしい。

北弁護士らも、弁護士としてツイッターでは笑ってる。

実際に怒りはあっても実害はない、でも彼らは被害者として裁判を起こした場合は、被害を「盛る」必要がある。

少なくとも手間はかかるよね。
ツイッター上のことと
実際のことは違う。
普通はネット上での笑い話を本当にやらかす馬鹿はいないのだが。
それを本当にやってしまうから余命の件は
事件だった。
一般人には、この2つが見分けがつかない。
弁護士から脅迫を受けたと余命信者が騒ぐのはそのためだ。
この一般人の感覚でやらかしてるのが
余命ブログ
「外患誘致罪は死刑一択」って煽ってました。

私のブログも、北先生たちプロと同様、笑い飛ばしてる部分と、怒りを抱えてる部分とあります。北先生たちは実名だったので実害も生じて、裁判を起こされました。その実害の損害額が3億なのか100万円がせいぜいなのかは現在、裁判所で争われるようになりつつある状況です。

私は匿名の存在です。リングネーム「三宅雪子」実名「森安雪子」と私の違いは、私は顔を晒してないことと、「政治資金規制団体」を持つ公人でないためにどこの公的書類にも私の実名は書いてないことです。

今は、匿名の存在に対する名誉毀損は訴訟することが出来ないと私は思っていますが、Rinoさんなんかは違うと主張されてるようです。

時代の流れとして、いずれは「コテハン」はそれなりに「人格」が認められるようになるかもしれませんね。

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る