5647. 有門氏ブログ

瀬戸一門の有門大輔氏のブログでも、余命は「切り捨て」られてます。

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/2019-11-02.html

 他方、朝鮮学校への補助金をめぐる動きとしては『余命三年』ブログにて、同ブログの執筆者が呼びかけた弁護士への懲戒請求騒動が目下、問題になっています。
 本稿の冒頭、11月1日に横浜地裁で神奈川新聞と川崎市が訴えられた裁判を傍聴しましたが、実はこの裁判の直後、同じ法廷、同じ裁判官で余命絡みの裁判が立て続けに2件も開かれましたので、そちらも傍聴してきました。

 「余命氏」については3度ほどお会いしたことがある。朝鮮学校への補助金廃止の要求は当然のこととして、補助金を支出する「自治体」「行政」を相手取った裁判を起こさなければならないのに、いかに左翼系・在日系と言えども、当事者でも何でもない弁護士への懲戒請求をしてどうなるのだろう?…と当初から不思議でなりませんでした。
 一言で言ってしまえば見当違いな懲戒請求でしかありません。

 こちらが余命氏に異議を申し立てようものなら、「じゃあ、やらなければ良い」といったような逆ギレのような回答…。
 神奈川県川崎市内の「余命オフィス」にて懲戒請求にかかる最初の説明会にも呼ばれて参加したことがありますが、やれ弁護士に懲戒請求をかけるだとか、やれ検察を訴えるだとか、やれ裁判官を訴えるだとか、とても実を結びそうにないプロジェクトだったので最初から参加する気にはなりませんでした。
 以降、余命氏のやることには一切、関わっていません。
 百歩ゆずって弁護士に懲戒請求をかけるにしても、自身が先頭を切って懲戒請求をかけていなければ話にはならないでしょう。

(以上)

気づく人は早く気づいた方がいいですよ。

保守勢力で余命の味方はいません。小坪市議しかり、瀬戸一門しかり、桜井誠とも決別してますよ

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る