5618. インテグラルとアルシエン

いわゆる「ガラケー女」と虚偽の内容を拡散させた人への訴訟を扱うインテグラル法律事務所のHPが凸ブログで紹介されて居たので、北先生への厭味として引用しておく。

https://ozawa-lawyer.jp/archives/category/topics

ツワモノである弁護士が素人相手に横綱相撲を自分たちの土俵「法廷」で行う場合、これぐらいの「情報開示」をしても、相手に手の内を晒す不利は生じない。むしろ正しい情報を発信することになり、情報弱者への語りかけ(教育)の意味をなすはずだ。

一方の不当懲戒請求問題弁護団のHPはこちら

https://futo-choukai-seikyu.net/

近日開設予定のまま一年が経過だ。

これだと、ドメインを確保して偽物が現れないようにした以外に意味はない。

最初はやる気満々だった北弁護士が「多動」を発動した時点で、興味を失った対象には「死んでも動けない」病は障害だから仕方がないとは思う。その上、「和解者」を間違えて訴えるミスを犯してしまい、そのミスを糊塗しようとして「報道しない自由」「触れない自由」を行使している彼らが、今更このHPを開設することはないでしょう。

しかし、もしも彼らが「弁護士」として詳細を説明してくれて居たら、余命のとんでも法律論が幅を利かすことも減っただろうし、このHPに和解者を間違えて訴えてしまった詳細を自ら公表し、再発防止策などを掲載して謝罪してくれる誠意があれば、もっと和解にたどり着く人も増えたかもしれないとは思います。

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る