5617. 秋の夜長に思うこと

(タイトルのコメントをいただきました)

どうも今晩は、バナナです。
いきなり、ふと思い出しました、四季の移ろいさんの事を。そう、民事訴訟に於ける選定当事者制度を余命に報告してきた彼女の事です。
提案後、前ブログが閲覧措置になるまで一度たりともコメント掲載されなかったはずです。(過去記事はありましたが。)今頃彼女はどのような感情を持って現ブログやミラーコメント等を閲覧しているのでしょうね。彼女は実際に出した人なのか、煽っただけの人なのかも不明でしたしね。
以上です、おやすみなさい。

(以上、コメントありがとうございます)

四季の移ろいさん、おられましたねぇ。

私は彼女は「出してない人」だと思っています。そして、洗濯が正体をつかめてない=本物の黒幕側の人だろうと。

最初に「外患誘致罪」「弁護士懲戒請求」って法に詳しくない素人を騙すには十分な程度に「知られてない」ものを入れ知恵した側の人間の「差し金」だったのではないかと思います。

余命=ななこ=せんたくは、その本物の黒幕に踊らされている影武者(いざと言う時に逮捕されたりするための人)だからこそ、サーバーの情報開示請求で名前が出る「契約者」に三代目Bの名前が使われている。

彼女たち(敢えて複数形・おそらく本物の黒幕は男性)は「選定当事者」に選定書を集まる様子をほくそ笑んで見てると思いますよ。最終的には「選定当事者」が全員分の賠償金を請求され、払う「選定者」と払わない「選定者」の間で不公平感が生まれ、払って貰えない選定当事者が余命に刃を向けるようになるところまで見越して笑っているのか、それとも「選定当事者」の地獄を予想して笑っているのか、そのどちらかは知りませんが、自分たち(敢えて複数形)本当の黒幕までは絶対に手が及ばないと知ってて、高みの見物を決め込んで、思うがままに動いていく信者(この場合は余命とななことせんたくをも含む)を操る快感に酔いしれてることでしょう。

3623. 四季さんのアメーバブログ

3599. 四季さん復活

3594. せんたくの嘘発見

3412. 四季さん、粘る

3386. 四季さんとT.K.

3379. 四季さん、バイバイ

3374. 四季さんは

3367. 繰り返し

3365. 四季さん久しぶり

2854. 四季さん知ってたって

ななこってのも、最初は「中の人」ではなく、単なるコメント欄の一人だった。それがいつのまにか、中の人として「せんたく」ら瀬戸一派を顎でこき使う人間になった。青林堂から送り込まれた人らしいとの話ですよね。

四季の移ろいの姿をせんたくは見てない。溝の口の事務所にはおらず、外からコメント欄を通じて、情報だけを送りつけて来てる。そうやって間接的に操っていく黒幕が本当に居たのか、単なる「陰謀論」を私が楽しんでるだけなのか。

そこまでは切り込むことは出来ずに「私にとっての余命事件」は終わるだろうとは思います。

私も飽きては来てるのでね。それでもいいかなあと今は思います。

本物の黒幕は、青林堂の中で生き延びるのか、和田事務所に寄生して次の手を考えてるのか、そこまでは興味がない。(小坪とは組んでないことだけは確かだろう)

ちなみに某花屋の女主人はPOJでは「しえる」と名乗ってましたけど、4Lサイズの巨体だからとの噂もありました。本当かどうか、H氏こと伊佐木か、カミカゼじゃあのwwwこと「わんわんお」氏なら知ってるかもしれませんね。

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る