5591. ネルソン・ヤンデラ2

共同不法行為論はこれからの裁判の行方を左右するが、素人が何を言っても、決めるのは裁判所です。

同じ事件でも、裁判所の3名の裁判官のメンツが異なれば、3万から33万までのばらつきがある。

当事者が誰も共同不法行為を主張しなかった時代から、だ。

今後、不器用に被告側から持ち出した場合、オウンゴールになっても、これまでの満額判決から変わらないだけで被告側に損はない。うまく認められれば、被告側「選定当事者」の答弁書が見よう見まねで出してくることも、十分に考えられる。

これからが面白い。怪獣大戦争(実写版)だけでなく、3頭身バージョンも見られるのだから。

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る