5473. 事件番号26697と26698

令和元年(ワ)第26696号 東京地裁民事第32部

令和元年(ワ)第26697号 東京地裁民事第32部  

令和元年(ワ)第26698号 東京地裁民事第34部

令和元年(ワ)第26699号 東京地裁民事第37部

令和元年(ワ)第26700号 東京地裁民事第39部

令和元年(ワ)第26707号 東京地裁民事第48部

令和元年(ワ)第26715号 東京地裁民事第5部

のうちの2つに、選定当事者が決まってないようです。

そりゃ、10人分660万円の建替払いが可能な人は、そうそうはいない。

現状、全国で63名の選定当事者がいるので、あまり地域にこだわる必要はないだろう。

と余命リターンズ0143に書いてあるが、そんなの嘘だ。選定当事者は東京地裁に出廷しなければならない。沖縄だ北海道だの人間が選定当事者になろうものなら、飛行機代のみならず宿泊費までかかってしまう。それを誰が負担するのか?「選定書」を送った人たちのはずもない。自腹で平日に休んで出廷できる人が、どれだけいるだろうか?

弁護士が遠方の人間の場合、電話裁判が可能です(非公開となる)。

受任は猪野亨あるいは徳永弁護士が可能。

コメント1  選定当事者について  

大量にメールに問い合わせがはいっているが、本日届いた佐々木亮と北周士提訴の(令和元年(ワ)第26700号)以外はすべて選定当事者が決定している。数日中にお知らせと選定当事者選定書を送付するので指示のとおり対応していただきたい。余命リターンズ0145

26700も決まってない?

4000. タイトル一覧

 1. はじめに(お願い)へ戻る