5443+. プレゼン・スキル

(このツイートにコメントいただきました)

良くも悪くも、明快かつ自信をもって言い切ることは、他人の信頼を得る上で大切な要素だと思い知らされます。
プレゼンテーションスキルの基本でもあるようですが、
まさに「余命は事実しか扱わない」という余命ブログ初期の明快な姿勢で、騙された人は多いと思うのです。
そして、検証が困難な情報について自信をもって「断言」することにより、
多くの読者の信頼を勝ち取っていったのが、成長期の余命かと。

日本の一般的な教育では、プレゼンテーションスキルやその効用、
あるいは対抗策を取り扱う機会は皆無で、
実生活でもこのような技術を意識して使う機会がない人が大半なので、
特に高齢者ほど、そのような技術に免疫がないため、騙されやすい状態にあったのかもしれません。
プレゼンテーションをする機会があれば、たとえ自己流でも、説得の手法に気を向けるため、
説得する技術を自分に向けられたとき(洗脳されそうになったとき)も、それに気づきやすい素地ができると思います。

(以上、コメントありがとうございました)

詐欺師にとって必要なのは資質。嘘をついているという自覚のなさです。

小保方級の嘘つきの目は恐ろしいほど澄んでいました。

不確かなことでも断言できる厚顔無恥と、盛り盛りの恥ずかしくなるくらいの設定が命です。