5388. もしや轟木先生?

このところミラーサイトの掲示板に、懐かしいフレーズで締める書き込みがある。「出来る事をひたおしに」

これはいつも轟木龍蔵氏が締めの言葉に使って居たものだ。知ってる人なら、なりすましが可能なくらいに、特徴的な彼の署名のような言葉だ。

「せんたく」の言葉によれば、轟木先生の紹介で、一度は余命とスタッフが徳永弁護士に会いに行って、受任はして貰えなかったとの経緯があるらしい。

轟木先生は徳永弁護士を信じているのだと思う。でも、余命サイドは拒否している。

徳永弁護士は弁論の組み立てが下手くそだから負けると言う「逆神」伝説をお持ちだが、あの動画は顧客である「余命信者」の気持ちに寄り添うものになって居た。ただの勝ち負けだけを考えたら、もっとマシなやり方(不法行為だけは認めて、減額を狙う)があるのに、不思議だなぁ、と思って居たが、轟木先生が絡んでるのだとしたら、理解できる。

問題は、「せんたく」の動きだな。まぁ、「勧誘」してるのが「せんたく」とは限らないけど、瀬戸=せんたく=ひとりごと検証ブログラインの動きが気になる。

明らかに私の解釈(選定当事者が選定者の分まで賠償請求される)のが正しいのに、間違ってるとブログに書いてみたり。

なんかそこだけは妙だと思います。たぶん、徳永先生が、と言うよりは瀬戸一門が「逃げた魚回収業者」なんだろうな。テキサス方面に連れ去りと、どっちがいいんだろうね。

https://quasi-stellar.appspot.com/

以下、ミラーサイトの掲示板より転載

12. 2019-10-13

960人会懲戒請求者です。
おはようございます。
早朝からの動画配信キャンペーン、有難うございます。

徳永弁護士の弁論主張については、「余命が悪い」「懲戒請求は不法行為」「金額だけおまけして」という、我々の日本再生活動とは異なる主張をしています。
また、顧客を増やすために、様々な手段を用いて私たち懲戒請求者に接触を試みていますので、私たちは賢明な判断が必要です。
以上、皆様にお知らせします。

11. 2019-10-13

ここのところ熱心に徳永弁護士を推奨していらっしゃる方は、余命ブログ0140の記事はお読みになったのでしょうか。

記事では明確に徳永弁護士絡みでアタックがあったと記載されています。こちらで徳永弁護士を推薦されることは、営業活動と見なされても仕方がないと思います。該当部分を下記に引用いたします。余命戦略を間違った形で広報されることは、偏向報道と同じではないでしょうか。なお、徳永弁護士と猪野弁護士による関係ない(受任していない)裁判への介入は、最近裁判所でも却下されているようです。

【以下引用】
現状、徳永、猪野弁護士に懲戒請求の対象になりかねない動きがありますが、放置で結構です。

 私たちは一連の違法提訴のすべて棄却を目指しています。弁護士は商売ですから、危険な棄却は目指しません。現在の彼らの手法は、懲戒請求の不法行為は認めて、訴額の減額を目指すものです。私たちとは相容れません。この点、裁判所としても、対応が大変困難な状況になっています。分離が理想ですが、裁判所にも事情があるようで、しつこく、弁護士絡みで一本化を要請というアタックがあります。しかしこれには応じておりません。
【引用終わり】

余命ブログに否定された方を推薦することが何を意味するのか、理解できません。

10. 2019-10-12

余命先生、同志の皆様、秘書様
日頃のご努力有難うございます。

この度の台風で被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

さて、余命三年時事日記読者らの大量懲戒請求事件につき、
徳永弁護士の主張がYouTubeに出ています。

余命三年時事日記の読者の方々が、日弁連会長らの朝鮮学校への助成推進の声明に対しての批判として行った懲戒請求を不当として懲戒請求された複数の弁護士さんが損害賠償請求をされている裁判です。
一人でも多くの国民に戦いを知って頂きたいと思います。

YouTubeで述べられている徳永弁護士の意見は確かに正論だと思います。
まだご覧になっておられない方は、是非、一度、ご覧ください。

日本を取り戻しましょう。
出来る事をひたおしに。

9. 2019-10-12

徳永辯護士も懲戒裁判に関わっているはずですから、彼の辨護した判決を知りたい。
0判決はあるのですか?
あるとすれば佐々木たちの対応はどのようになったのですか?
佐々木らによる控訴はないのですか?
また、0判決がないとすれば、徳永辯護士はそれにどのような対応をしているのですか?
控訴はしているのですか?
辯護士は、余命さんの言われるように、辨護方針として懲戒事由の違法・不当を前提としていますが、徳永辯護士の立ち位置はどうなのですか?
我々は懲戒事由は合法・正当という立場で戦っているのですから、徳永辯護士の立ち位置如何によっては我々にとって有害にもなります。

8. 2019-10-12

コメント7様、
徳永弁護士のYoutube動画について、お話されていることは正論でさすがベテランの弁護士と思います。ですが、肝心の外患罪について全く触れられていませんし、在日による思想差別が国民の間の分断を招いているなどと、在日を擁護する立場のようにも見えます。お話されている落とし所で日本を取り戻すための問題解決となり得るのか疑問です。

7. 2019-10-12

2019-10-12
余命先生、同志の皆様、秘書様
日頃のご努力有難うございます。

余命三年時事日記読者らの大量懲戒請求事件につき、
徳永弁護士の主張がYouTubeに出ています。

色々な感想や批判もあるかも知れませんが、
重要なポイントを示しておられます。

今後の裁判でも利用できるかも知れません。
皆様にとって大事な案件だと思いますので、
ビジネス何とかと言うかは別にして、
一度、ご覧ください。批判はその後に。

日本を取り戻しましょう。 出来る事を直押しに。