5368. 余命スレの今

久しく余命スレには行ってなかったんで、そんな展開になってるとは知りませんでしたが、「なんJ民」さんは深読みし過ぎです。

余命は大嘘つきですが、印影を偽造したり事務所の封筒を用意したり、そんな技術がありません。

Unknown (Unknown) 2019-10-11 10:33:16 おひさしぶりんこ(^。^)

ちょっと話題逸れちゃうけど「ささきたがうっかり和解者を訴訟リストに入れちゃって余命サイドに訴えられた事件」の件。
テルミンさんや悪魔さんはささきたサイドのウッカリミスは本当にあったことでそれを根拠に余命サイドが訴訟を起こしたと解釈しているみたいだけど、ハンJあたりでは例の詫び状自体が余命サイドの捏造による虚偽に基づく訴訟なんじゃないか?って説もある。

纏めるとこんなかんじ
①ささきたがミスをして詫び状出して、それを根拠にして余命サイドが訴訟
②ミスも詫び状も余命サイドの捏造で、それを根拠にして余命サイドが訴訟

この2つの説を比較するならば、俺も前者の説のほうが有力だとは思う。
だって誰にだってミスはありえるし、私文書偽造してまで訴訟を起こすことのリスクぐらい余命にだってわかるだろうしね。
けど、もしかしたら

③ミスも詫び状も捏造だし訴訟なんて起こしていなく、ブログ上だけでのいつものやるやる詐欺

これなんじゃないかって気がしてきた。
これぐらいならやりそうじゃない?
どんどん離脱していく羊達に対して「和解なんかしてもメリットないよ。最後に頼れるのはこの余命だよ」というメッセージを込めてさ。
どうかな? Unknown (漆黒のナンチャラ) 2019-10-11 13:48:53 あ、名前入れ忘れてた!
前のコメントは俺です。ごめん!

ていうか、悪魔さんは話の出始めのころから佐々木弁護士に対してかなり御立腹だったみたいだね。
それに対して佐々木弁護士は「一次ソースを確認してから言え」と。
んでその一次ソースってのは今のところ余命側が出してるやつだけでしょ。
名前を隠した訴状と、名前を隠した取り下げ届けと、ハンコの押してない詫び状と。
何しろ名前が隠されてるから、取り下げた相手の名前が訴状の名簿に含まれているかなんて確認できない。
それに印鑑のないワープロ打ちの詫び状なんていくらでも偽造できるし。
そして昨日の佐々木弁護士のツイートでは「訴えられました」ではなく「訴えられたようです」と断定形ではなく未確定形な表現だし。
やっぱブラフなような気がするな。

あ、どうなんだろ。
俺が知らないだけで公的で断定可能なソースとかってあるのかな?

Unknown (漆黒のナンチャラ) 2019-10-12 08:02:56 佐々木さん本人が「もう謝ったもん」って言ってるってことはやっぱ本当なんだ。
でもその謝罪ってのはあの詫び状一枚を指すならちょっと傲慢すぎるよな。
相手が満足するまで子々孫々まで真正性のある謝罪を繰り返すなんてのはバカバカしいけど、やっぱそれなりに具体的な対価が必要だろうに。
ゴメンで済んだら弁護士いらないだろ。

Unknown (悪魔の提唱) 2019-10-12 09:11:59 >「やっぱり和解する詐欺だった」と思う元羊さんがいないとも限らない。

和解の契約条項を破られても、返金もなければ「情報を非公開にする」対応もない。

あの紙切れ1枚で、あれを真摯な謝罪と言うのならば、長文の謝罪文を書いたのにも関わらず、謝罪の仕方がなっとらんと新聞記者に公開される&最初に提訴してやるぞと脅されるのコンボを食らうし、被告リストとして裁判資料でばら撒かれるしで、いいこと何もないと、羊さんたちが思ってしまっても、仕方がないと思います。

私は和解一択でやって来ましたけど、「悪魔の答弁書」も用意したし、猪野&徳永弁護士も参戦してきたし、今じゃ和解は選択肢の1つに過ぎないと格下げせざるを得ません。

これ以降は和解が増えずに訴訟の手間が増えても、それは神原、嶋崎、佐々木弁護士らの自業自得です。