5347. ルポライター出し抜かれる

裁判は傍聴どころか、二人の弁護士限定のインタビューしかしないルポライターは、こまめに裁判記録を閲覧してきて暴露する「せんたく」にスクープを出し抜かれてしまう。

私は「せんたく」は余命の共犯者だと思ってるから、他人事のような顔をしてられるのは今のうちだと思ってますけどね。

徳永弁護士は、共同不法行為として「総額上限論」を展開する模様。

どこまで首謀者余命を引っ張り出すことができるかね?

首謀者と一緒に、幇助者「せんたく」も証人尋問に呼ばれたらいいと思う。