5341. 民事24部は10万円

これまで、平成30(ネ)5402東京高等裁判所で11万円(金竜介)、名古屋地裁0円(金竜介)、東京地裁0円(神原元)、平成30年(ワ)4750横浜地裁3万円(嶋崎)が低額判決で、佐々木・北チームはほぼ満額だったのだが、ここに来て10万円の判決が出た。

平成31(ワ)4978市原義孝,福田敦,中根佑一郎 (民事24部) 

平成30(ワ)26012品川幸男,長谷川秀治,上野瑞穂 (金竜介原告)11万円東京地裁とは裁判官は重なってない。

平成31(ワ)1673市原義孝, 福田敦, 中根佑一郎(民事24部)では7月3日に10万円の判決が出てるから、ここに回ると10万円の判決が出るってことですな。2回、同じ賠償金の金額が出てるので、理由は明確にあるんでしょう。弁護士たるもの法の素人を相手にするならば、謙抑的であれかし、ってやつですか?それとも別の理由?

(インタビューで聞き出せるかどうか、腕の見せ所ですな>ルポライターさん)

嶋崎3万円の判決を出したのは、横浜地裁9民。同じ9民に回ってる事件が後2つある。368と2623。ここは3万円で終わる可能性がある。

神原vs江頭ゼロ円は前澤達朗, 中畑章生, 神本博雅 (民1部)

今日のペリスコープでは、猪野先生参戦の感想も聞いて欲しいもんです。