5337. 選定当事者へ

引き受ける前に必ず確認して下さい。

負けた場合の賠償金は誰が払うのか。

10名分の選定書を受け取れば、10名分の賠償金の支払い義務が選定当事者にかかります。選定当事者は自力で残り9名から回収する必要がある。

この事件は、そもそも余命が計画したことです。「やまゆりの会」以外の人間が選定当事者になることも、実は想定してなかったのではありませんか?法廷に立たずに済む、そのために5万円を払ったのではなかったですか?

賠償金は「うずしお」基金から出すと一筆、書かせてから選定当事者になった方がいいですよ。

オススメは、徳永・猪野・川村の誰かに代理人になってもらって、960人の会から抜けることです。

賠償金満額や提訴後の和解金の金額よりは安くなる可能性がある。

コメント1  佐々木亮と北周士の提訴について

連絡があったのは「令和元年(ワ)22875号」と「令和元年(ワ)22878号」だけである。事務局ではまったく把握できないので、裁判所から訴状が届いたらすぐに知らせていただきたい。もちろん、個人で裁判をやる方は自由である。
 遅れて、選定代理人が選定できないと、独自に出頭ということになる。それぞれに分離裁判も可能であるが、まとまっていないと、かなりの回数、出廷しなければならないし、地方の方はお金もかかる。弁護士を入れれば、数十万という出費だけでなく、いれたからといって結果が変わるわけでもない。とりあえずは選定代理人を選定する方が無難だろう。

 佐々木亮と北周士の今回の提訴は10人ずつ6件だそうだから、あと4つのグループがあると思われる。訴状が届き次第、連絡いただきたい。
今回は足並みをそろえたいので、公判について、指示を出している。よろしくお願いする。

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%95-%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%8F%90%E8%A8%B4%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A0%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F

足並みを揃えたいと書いてある。

つまり、足並みが揃わなくなってきている(選定当事者に立候補する人が減ってる、嫌がる人が出てきてる、負けた場合の金で揉めている)などの気配が感じられる。

弁護士費用の件だが、徳永弁護士は団体割引で3−5万で引き受けてると聞いてます。(今の所、交通費は請求されてないらしい)他は知らない。