5317. 二年前何してた?

三宅さんが余命ヲチを始めた二年前、私は1周年記念の挨拶文を書いていました。

1517 明日 2017.9.12.

まだ、神奈川県弁護士会の「カタカナ氏」がご存命で私のブログの法律面の監修を個人的に引き受けてくださってました頃で、私は主にサポートブロガー「信濃太郎」氏と、論争を繰り広げておりました。

3ヶ月に及ぶ論戦の結果、彼は2017年12月末でブログを閉鎖することなく、余命界隈から足を洗うに至ります。

今ではサポートブログは「プロ仕様」のパヨパヨ日記と、真のファンサイト「真太郎のブログ」の2つだけになりました。

二年前の今頃、ちょうど、「せんたく」が余命と対談動画をyoutubeで流し始めた頃です。彼は、余命ブログを読まない人だから、弁護士懲戒請求は6回されたと信じてますが、第1ー3次は、津崎氏を代表者とした「告発委任状」を使った限られた案件の刑事告発でした。(伏見ブログに対する名誉毀損罪など)

第4次が個人署名の「告発状」による「外患誘致罪告発」

弁護士懲戒請求が始まったのは第五次からです。この機会に、「せんたく」の認識の間違いを指摘しておきます。「せんたく」が余命と対談していた期間は短く、わずか4−5ヶ月のことですが、ちょうど第六次の懲戒請求書を集めて日付を入れる作業をやっていた最中のことです。彼は、自分は何の罪も犯してないような顔をしてますが、「余命と共犯」であることを改めて私は強調しておきたく思います。罪滅ぼしのつもりか、裁判記録を集めてくれていることは評価しますが、彼は自分が「民事訴訟で余命を訴えていること」は黙っているんですよね。

どこまでも、正義感ではなく「俺の金」のためにしか動かない男であるのは、余命プロジェクトに入っていたのも1ヶ月50万の金に目が眩んだせいですから。