5180. 最終章の準備?

暇だったので、小坪ポエムを読んで吹き出した。

当市の市議で、法律相談に近い分野まで手を広げているのは、公明・共産を除けば恐らく唯一。
制度設計について相当に勉強していないとできないことで、こういうのは理系の得意分野。
ISOや国際法に基づき製品設計から輸出入まで一手にやるわけで、(私にとっては)”難しいことでもない”からだ。
 
また父が一級建築士ということもあり、”門前の小僧習わぬ経を読む”ではないが、
筆界未定地、人民共有総代(墓地など)と市道の拡幅、古い公共施設の払い下げ、制度の解説なども求められる。
だいたい後ろ向きな話が多く。。。
人生が詰みかけた状況で入ってくることが多い。
 
そういう方は、自ら声をかけたくとも、思うように声がでない。
晴れやかな檀上にあっても、それを「すぅーーーっ」と探せて、初めて政治家なのだと思う。
一つの会場に割ける時間が5分とか10分ということもある。
集中して、その場の空気を読み、アンテナの感度を最高度までもっていく。

https://samurai20.jp/2019/08/oyasumi-23/

余命の件、どうなった?

余命信者に弁護士を紹介するぐらい、してもバチは当たらないって言葉に対応してくれたのは瀬戸さんだった。小坪市議は何したっけ?

今、佐々木・北・嶋崎弁護士から訴訟を受けてる方の取れる選択肢は4つ。

1、和解

2、弁護士に頼む

猪野(北海道) 高島(新潟) 川村(大阪) 徳永(大阪) 江頭(京都)

3、選定当事者

負けた場合の賠償金を「うずしお基金」が払うとの約束を得てから、選定するが吉。

4、本人訴訟

もしも、負けた場合の賠償金は自腹とのことならば、まだ、本人訴訟の方が納得できると思いますよ。私としては960人の横の「共同不法行為」を主張するか、余命との縦の共同不法行為を主張するか。前者だと人数分の責任を一人で背負わせられる危険が残る。

日付を入れたのは「日本再生大和会」だから、代表理事「鈴木金三」「小野誠」「上村直」の証人尋問を要求する。「賠償金」は「やまと」「うずしお」が支払えに変えるよう要求すると答弁書に書く。

余命の住所氏名●●は、「生きがいクラブ」社長として登録されている

https://www.houjin.info/detail/6011401019911/

日本再生大和会の代表理事は登記に書いてある。

https://irbank.net/mynumber/6020005013015

法務省のHPから有料で取得できる。

これまで誰も試したことのない答弁書。これで賠償金の支払いを余命に肩代わりさせられるかもしれません。

第1 請求の趣旨に対する答弁
 1,原告の請求は認める。
第2 請求の原因に対する認否
 1,争う。
第3 被告の主張 
 1,被告は,「余命三年時事日記」というインターネットのブログの指示を受けた「日本再生大和会」からレターパックにて送られた,甲◯号証の懲戒請求書に類似した書類複数,および告発状と称する書類複数に住所と氏名を直筆で記入し,捺印し,日付を空欄にし、日本再生大和会が指定するヤング倉庫(東京都板橋区1-20-5)に送付したことを認める。しかし,被告は懲戒請求書を直接弁護士会に送付した事実はない。
 2,予備的主張として,ヤング倉庫に送付した懲戒請求書が弁護士会に提出された懲戒請求書に日付を記入したのは余命プロジェクトであると、余命ブログは証言している。

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/0009-%E5%AE%9F%E6%88%A6

よって,懲戒請求を主導した「余命三年時事日記」主宰者の●●(住所,氏名,電話番号)及び、懲戒請求書を完成させ送付した「日本再生大和会」の代表理事(鈴木金三、小野誠、上村直)を証人尋問することを求める。
 3,さらなる予備的主張として,懲戒請求書の作成は被告の不法行為であるが,懲戒請求書の配布および送付は余命ブログと日本再生大和会による不法行為であるため,訴えの内容を「被告が払え」から「日本再生大和会と余命ブログ主宰者●●が連帯して払え」に変更するよう原告に求める。(以上)

ここでのポイントは、小野誠を法廷に呼び出すこと。

彼は日付を入れたのは余命だと証言するはずだから。それで「共同不法行為」を立証できる。特に11月1日、11月4日の日付で訴えられた人は、以下の文章が、余命が日付を入れた「完成させたのは余命だ」と言うことが出来る。

 ある訴状の証拠として出されている懲戒請求書の日付を見ると 6/1、6/1、 6/5 6/19、6/19、 7/16、7/16,7/16,7/16、 8/26 となっている。また別件では 11/1,11/1,11/1,11/1 11/2 11/6 11/4,11/4,11/4,11/4、11/4 以上から大和会からの6月6日開始の懲戒請求は 6/19,7/16,11/1、11/4ということになり、3割ほどが日本再生大和会を経由していない。 

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/0009-%E5%AE%9F%E6%88%A6