5125. 政治ブログではありません

本ブログは「余命ヲチ」に特化してあります。

2017年、余命が「外患誘致罪告発」を煽りに煽っていた時、たとえ北朝鮮が何度ミサイル実験を行おうとも、青山さんが「斬首作戦」を煽ろうとも、私は新月のたびに「無い」と言ってきました。(2018年からは東京コンフィデンシャルレポート支援をやめました。彼の予測は当たらなかったからね。)

当時は、このブログに「政治ブログ化」を望む声は多かったです。

しかし私はそこまで勉強している暇はない、普通の主婦として政治のこと以外にも考えることは色々あり、ニッチな箱庭「余命」に特化してるからこそ、このブログに存在意義がある、政治ブログであれば他の「保守論壇」が居るし、それこそ「ぱよぱよ日記」のようなプロ仕様のブログもあるとお断りして来ました。

一時期、熱心にコメントをくださってた読者の方が去って行かれたのは、そのためです。

今や、当ブログは「余命ヲチ」ですらなく、スピンオフの「三宅ヲチ」ブログに成り下がっております。読者の数も最盛期の半分に減り、今後も減り続けて行く。

それでいいと私は思っています。

私は「活動家」ではありません。余命事件の解決を願って作ったブログ。今後、信者が減ることはあっても増えることのない余命ブログ事件。青林堂からも見捨てられ、小坪市議からも逃亡され。

裁判は続くでしょうけど、「総額上限論」を展開する徳永弁護士、川村弁護士、猪野弁護士の登場しない裁判が満額だろうが、弁護士費用が認められようが、もはやニュースバリューは無い。次、余命本体へ誰がどう手をかけて行くか、私の興味はそれ1点に尽きます。昨日は、「選挙ウォッチャー同士」の争いがあると聞いてツイキャスを回って見たのですが、大して盛り上がってもいませんでした。

唯一の収穫が、これではねぇ。夏枯れもいいところです。

余命は刑事事件って騒いでますが、神原組の「詐欺」はまだ時間が来てませんし、ささきたペアの「和解者を訴えちゃった事件」は「取り下げ&お詫び」が出て居るので民事はあっても刑事はないでしょう。


 ざっと見たところ、外患誘致罪での告発案件はなかったが、日韓断交となれば、全案件が格上げになる。外患罪関係はすべて誘致罪となる。有事前提として、告発しておくということである。
 この告発と告知は大変重要な手順で、これによりすべての外患罪事案の、有罪か無罪かでの処理が可能になる。もともと明らかな売国行為により告発されているのであるから、無罪はあり得ず、主権者国民による「愛国無罪」が法的に合法可能となる。

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%96-%E6%97%A5%E9%9F%93%E6%96%AD%E4%BA%A4%E4%B8%80%E7%9B%B4%E7%B7%9A%E5%91%8A%E7%99%BA%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

これも二年前に見飽きた。

日本の法律は「事後」法です。事件を未然に防ぐためってのが「テロ等準備罪」ですから。まだ、そっちの方が現実的ですよ。