4861. 嫌いの理由

ちゃんと書いておきましょうね。曖昧話法を批判している立場の者として。

リアルでは知らない人だったけど、余命関係での動きで嫌いになった。別に私に嫌われても実害はないだろうと思いますけど、好き嫌いは自由でしょ?

お三方とも優秀な弁護士さんであることは間違いないし、懲戒請求自体は不法行為であると私はずっと一貫して主張してることは、最初に改めて明記しておき貸すよ。営業妨害するつもりはありません。

神原先生は元から嫌いでした。しばき隊なんて刺青入れた人たちとツルんでいると聞いたので。朝鮮人虐殺と称して「吉原大火」で亡くなった遊女(日本人)の写真を使ったこと、「棄却=賠償金はゼロ円」をツイートしないことで決定です。

弁護士さんたちの間では評判は悪くないし、和解者たち実際に話をした人は「やさしい人だった」との証言もあります。

ただ、ツイッターのブロックが激しく、一方的な議論を演出している不満が弁護士アカウントからも、ダダ漏れて来て、ダサいと思いました。

嶋崎先生のことは、最初はご迷惑かけて申し訳ないと思ってました。しかし、彼が三宅さんと絡むようになって、事実を自分で確認することなく、三宅さんの言うなりに操られるようになったのを見て、この人はバランス感覚が無い、正義が暴走するタイプだと思いました。(佐々木先生は三宅さんをうまくコントロールして利用しています)。一番、嫌いになった点は、自らの裁判資料に591名のリストを添付したこと(佐々木先生は960名の名簿を裁判資料に添付してません)。この591名の名簿は弁護士会から「被懲戒弁護士」に渡されるのは全然構わないと思いますが、被告全員に添付書類で出回っていいものでしょうか? 被告リストで10名がお互いに知らなかったのに個人情報を知ってしまうのは、仕方がないとしても、和解者も含めた残り590名の個人情報を自動的に知ってしまうのは、いいんでしょうか?

和解者からの抗議に対して「(神原先生のように)和解者名簿として渡したわけじゃ無い」と、開き直りとも詭弁とも取れるお答えをされたとか。弁護士らしいっちゃーらしいわけですが、その「弁護士らしさ」が嫌いになった理由です。

金先生のことは、和解者(先発の20人のうちの三人)が書いた謝罪文を晒したから、嫌いになりました。池田弁護士も同じように謝罪文を新聞記者に晒して、真っ先に訴えてやろうか?と脅したわけですが、彼らは、一切、余命本体を責めるようなことをしません。謝罪して来た人ならば、自分が優位に立ってることが明らか。だから、どれだけ足蹴にしても大丈夫とばかりに、そこを狙う感じが、弁護士と言うよりヤクザにしか見えませんでした。謝ったら負けって文化は、ここから来るのかと妙に納得したものです。

同じ金弁護士でも、東京弁護士会ではない金弁護士は、和解者への返信として「特に訴えるつもりはありません」と、優しい返事だったそうです。「悪いのは余命の方です」と、もののわかる人だと印象は良くなりました。在日にも、いろいろの方がいるのだと。

念のため、誤解がないように、揚げ足を取られないように最後に繰り返し書いておきますが、私は嫌いだと言う個人的感情を述べただけで、彼らの弁護士としての能力にケチをつけたわけでもなければ、懲戒請求が正当だったと言ったつもりもありませんので、三宅&嶋崎の両氏におかれましては、誤解のないようにお願いします。

773名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!2019/06/21(金) 09:37:10.67ID:TkoWTeNN 4861
嫌いな弁護士の名前を挙げると言いつつ、下の名前を記さないのは踏み込み足らなくね?w
曖昧話法だとまでは言わないけどさ。
まさかフルネーム記載を避けることで逃げ道にしているわけじゃねーよな?

島崎 量、神原 元、金 竜介氏

東京じゃないのは英哲氏