4838. 無名のブログ

これは私のブログのことでしょうかね?

個人ブログである「余命三年時事日記考」の、毎日のユニークアクセスは、たったの数百です。ブログのフォロワーは数十人。

ネトウヨ界隈の鼻摘まみものの余命に拘って三年。「箱庭」と言って来ましたが、今の余命の記事のアクセス数が1000ってところですから、だいぶ、両者の間のギャップは縮まってきました。余命ブログは公称20万って言ってたのですから。

私のブログは、敬虔な信者は読んだらいけないと教えられてますから、信者たちの多くに内容が伝わることはありません。しかし、「ななこ」が読んでることは、余命ブログに取り上げられることから、わかっています。最後に残ったサポートブログ「真太郎」が私のことを取り上げるので、真太郎ブログを読むコアな読者で併読する人もいるでしょう。真太郎さんは「電波」レベルではないので、どこかで目覚める可能性が残っている人。そのブログの読者も、どこかで目覚める可能性がある。

弁護士さんで懲戒請求の初期ごろから余命に気をつけてくれた人は、私のブログの存在を知っててくれます。何かイベントがあった時だけ、アクセスが上昇します。(近いところでは、「当事者の気持ちシリーズ」はアクセスが多かった)

ライト層の心の支えだった花菱さんのブログに辿り着き、彼女と同じ道を辿って洗脳から脱することができた人は、私のブログに挨拶してから行ってくれます。

私は「濃縮された」この界隈に残りますが、和解者、通報してくれた協力者たちは別の世界へ旅立つ時です。

これまで私は面倒なのでシンシンちゃんや余命セクターを名乗る「濃い」人たちを相手にしてきませんでしたが、そろそろ、そちらとの対話も必要に思っています。

それから、在日3世のだんご屋さんが反余命に参戦を表明されました。これからも私は「当事者」の声を集めて行くつもりです。