4817. 余命0050(2019/6/14)

余命三年時事日記を真に受けるのは信者と三宅さんぐらいのもんだろう。

本日、2件の判決があるので、14となる。今月中に7件減って、7となる予定である。 ゼロになったら何が起こるかということだが、余命の言うことなので気にすることはなかろう。余命三年時事日記は有事を前提とした妄想ブログである。信じちゃダメだよ。

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%95%EF%BC%90-%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%96

通報X-dayも「実は」何も起きなかった。朝鮮戦争や済州島の虐殺を逃れて日本に密航して来た人たちの子孫も、1991年に全員、まとめて「特別永住者」としたのが、入管特例法。誰も強制送還はされませんでした。

(確実なのは、「通名が1つだけ」になったことです。)

官邸メールも意味ない。

余命20号 新弁護士会の設立については、ずっと言われてる第二日弁連構想も、全く動いてないのが、その証拠。

外患誘致罪告発も「返戻」

弁護士懲戒請求は「匿名」では出来ませんでした。

次にハズレるのは、「最高裁で勝負、これで勝てるよ」だろうか?

妄想ブログと銘打っているのは、外れた時の用心のため。

信じちゃダメだよ、この一言に、一連の騒動を扇動した自分には非はなく、全ては真に受けた信者が悪いとの開き直りです。

さすがに、ここまで来ると本気で真に受けて何か隠し球や奥の手がある、きっと安倍さんがなんとかしてくれると思ってる人は、100人にも満たない程度にまで減ったようだ。

何度余命に連絡しても、なーーんにもしてくれないって声。

あの「選定当事者」の答弁書が、なっとらん。怖いって声。

ちらほら、聞きますもん。

早く小倉弁護士が本体に王手をかけてくれれば、ドミノ倒しが始まるんだけどなあ。

コメント1 小倉秀夫弁護士

余命の個人情報開示請求でXサーバーを訴えて勝訴したという御仁である。その後、弁護士の権利侵害であるとしてブログを閉鎖させた反日共産党敏腕?弁護士である。

 並行して、余命に対し、1000万円訴訟を告知、和解が希望なら応じる用意があると通知しているから、ビジネスマンでもあるんだな。まあ、商売上手だね。

 ところが、もう何ヶ月たつのだろうか、まったく訴訟がはじまらない。余命情報が売れておなかがいっぱいなのだろうか。どうにも解せない話である。

 まあ、訴訟準備が理由での個人情報開示請求と聞いているので、開示された以上、訴訟提起はお早めに!

 一方で、余命の個人情報開示請求を大阪地裁にXサーバーを提訴して却下されたという無能弁護士佐々木亮は控訴しているという。クライアントの個人情報をいとも簡単に開示するXサーバーには三行半をつきつけているのでどうでもいいのだが、まあ、寂しい話だ。 今般、連絡会後の中で、小倉秀夫も同罪との指摘があり、検討の結果、民事訴訟を提起することになったので、お知らせしておく。

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%95%EF%BC%90-%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%EF%BC%91%EF%BC%96

小倉先生が、普通に和解or訴訟のステップを踏んでたとは知りませんでした。次は、「反訴」のために民事待ちかしら?

この件で「選定書」を使われる人、選定代理人(原告)を務める人は、かわいそうだなあ。