4807. そのうち分かる

言いがかりをつけておいて、反論すれば、それを「嫌がらせ」と喧伝する方法は、最初は有効だが、いずれカラクリがバレる日が来る。

このところ、三宅さんの「日刊ゲンダイ」のツイートをリツイートしたりするメンバーから嶋崎弁護士が消えている。

これにリツイートはついてない。
でも、発信は続けられている。

彼は気づいたのだと思う。三宅さんが「反余命」側の凸ブログ主を、「嫌がらせ」してきたと「すりかえ」たことを。

これ、テルミンのこと。

一度、そのカラクリがバレた相手のことは、二度と騙せない。

彼女は、幾度となく「被害者」を演じてきて、その度に「信用」を無くしてきただろうと思う。

これが、「会社員」懲戒請求事件を「紙の爆弾」に書いた
黒藪さんのことを指してると、皆さん
読めますか?

私は今後は、必ず「懲戒請求事件」とだけ書いてあったら、弁護士?それとも会社員?って聞きます。本当に、紛らわしいにも程がある。

意図的にやってなくて、習い性でやってるのだとしたら、ルポライターを名乗る資格なし。意図的にやってるのだとしたら、悪質、極まりない。