4787. 天ぷら騎士団

思わず笑ってしまった。

私は左翼との戦いってやつに身を投じるつもりはないです。スライム蹴りとして余命を相手にして居るのは、楽だからやってる。左翼相手に政治ブログを続けるのはシンドイ。以前も政治ブログ化を熱心な読者の方に望まれたことがありましたが、お断りしたら離れていかれました。

この「まとめ」を読むと、この界隈に私よりもずっと「言葉」を巧みに「衣をつけて」からっと揚げられる職人さんが居ると知るわけで。

私は小さな箱庭を縄張りにするチャチな存在で、余命界隈が過疎化し忘れられた頃に、ネット世界からひっそりと消えたく思っています。

https://dic.nicovideo.jp/a/%E5%A4%A9%E3%81%B7%E3%82%89%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3

天ぷら騎士団とは、ジャーナリスト津田大介を中心に結成された秘密結社である。

概要

2014年2月関東甲信地方で観測史上最深の積が起こり、山梨県などでは深刻な被害になるという事態が発生した。

時の政権の安部首相は、災害への対応の示を行った後、あろうことか、料亭で天ぷらを食べるというとんでもない蛮行を行った。

これを見て義憤に燃えたのが、騎士長である津田大介氏である。氏は、この安部首相の蛮行に対しツイッターにて以下の表明を行った。

これに呼応するように、様々な評論家野党議員が、自然災害時に料亭でのうのうと飯を食う悪行を行う首相は許せないと表明する。

インターネット上では安部総理天ぷらを食べた事をバッシングするというどうでもいい騒動を、中世のテンプル騎士団とかけて、天ぷら騎士団の結成と騒ぎ、様々なコラージュ画像が作られたりと、2014年2月る小さなムーブメントとなった。

現在、天ぷら騎士団の活動は確認されていない。

しかし、また災害時に首相な食事をした時は、それを批判する為に天ぷら騎士団が動きだすと思われる為、今後とも動向が注される。

(以上、引用)