4566. 安田浩一氏

出て来たねー三宅さんの対談相手の後ろには関西生コン

wikiより

動労千葉韓国労働組合総連盟を連帯させ情報が交換できるサイト、レイバーネット設立の発起人となる。

2001年頃から日本労働党(共産主義)の機関紙・労働新聞などで記事を書くライターとなり、動労千葉(中核派)や挺対協関連団体(韓国挺身隊問題対策協議会)と供に政治活動を行う様になる。

2012年(平成24年)、『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』により日本ジャーナリスト会議[15]、および第34回講談社ノンフィクション賞受賞[16]

2013年(平成25年)3月14日民主党有田芳生が開催した、新大久保などでの「嫌韓デモ」に抗議する集会に参加し、基調報告などを行った[17]。その後、辛淑玉らが共同代表を務めるのりこえねっとのりこえねっとTVのキャスターを務める。2017年現在、野間易通と共同でキャスターを務めるNO HATE TVが月2回放送されている。

民進党の有田芳生が開催した「嫌韓デモ」に抗議する集会に参加。特定の相手に対して、特定の相手に対しての暴言を法によって規制すべきと主張した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E6%B5%A9%E4%B8%80

連帯ユニオンの“御用ジャーナリスト”

我那覇真子氏の自宅にアポなしで押し掛け、自宅及び家族の映像を無断で公開した安田浩一

 安田浩一は、2005年に『大谷生コン強要未遂及び威力業務妨害事件』と「旭光コンクリート強要未遂及び威力業務妨害事件」で武建一氏らが逮捕された数か月後、不当逮捕だ!という趣旨で『告発! 逮捕劇の深層』という本を書いている、いわば連帯ユニオン生コン支部の“御用ジャーナリスト”。

武氏率いる連帯ユニオンの「強要(未遂)」「威力業務妨害」その他は
2005年から十数年経った今にいたるまで変わらず継続して行われています。


●大谷生コン事件=平成18(2005)年1月13日、逮捕
⇒同社は、現在「株式会社リーフコンクリート」に社名変更

●旭光コンクリート事件=平成18(2005)年3月8日、逮捕

※公判は、上の二つの事件を併合して行われ、武建一執行委員長 懲役1年8ヶ月 実刑(但し、未決勾留期間中170日分算入)
の判決が下っている。

http://wiki-souko.blog.jp/archives/7095221.html