4487. 物書きの矜持

私はリアルで署名入りで発表するものについては、批判は当然あり得る覚悟で出している。

趣味のネットでの言葉も、私は「事実と異なること」については文句を言うが、「解釈の自由」は尊重してきた。

「在日呼ばわり」「反日呼ばわり」「死ねばいいのに発言」に削除しろと要請したことはない。

余命ブログに対しても、サポートブログに対しても、2チャンネラーに対しても、反論の自由は行使させてもらったが。

「ものかき」と言うものを、何か勘違いしている人がいるようだから、書いておく。