4445. 維新、終われ

維新オワタ!と言いたいところだが、女衒弁護士は大阪では強いからなあ。

Unknown (小坪ヤバいマン) 2019-05-18 23:52:00 いや。丸山議員の発言は問題ですが、あれは日本国内の問題だから本来なら外交問題にはならない。日本人が日本人に言っただけだから。

しかし、その話を松井と馬場がロシアの駐日大使に「謝罪します」とかやっちゃったから、外交問題になっちゃった。いれは松井や馬場の責任。この件に関しては小坪の主張が正しい。

また、当時のソ連はアメリカと「南樺太と北方領土の領有を認めるから対日参戦する」という話をヤルタ会談で約束していたから、北方領土の話はロシアは「自分たちが正しい」と言っている。この話にはアメリカも関わっているから、日本としてもあまり掘り下げたくない。

当時の日本軍は「ソ連はナチス・ドイツとの戦いに勝利したら参戦してくる」というのは分かっていた。不可侵条約の延長をしないという通知は受けていたし、満州との国境近くにソ連陸軍が集まってきていたから。そして、関東軍は「ソ連との戦いを想定した演習をやっていた」のです。ソ連は「中立条約はこれによって破棄されている」という主張をしている。

だから「不可侵条約を破って」という話は通用しないんですよ。また、日本政府はサンフランシスコ講和条約の解釈を「歯舞群島と色丹島は北海道に入るが、国後島と択捉島はサンフランシスコ講和条約で放棄した」として、衆議院本会議でそういう話がされています。だから、日ソ共同宣言の内容は2島についてしか触れていない。しかし、歴史を振り返ってみると「択捉島も国後島も日本の領土」という話だから、日本政府は途中から主張を変えた。

日本とロシア帝国が結んでいる条約に『日露和親条約』というのがあって、この条約で国境線は一度確定している。丸山議員の発言はダメだが、もっとダメなのは松井と馬場の動きです。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/5613f3feb63f0e19e27aa57633a42c4e