4432. 主敵は2箇所

余命チームの主敵は2箇所だ。

川崎デモ(津崎ー瀬戸ライン)で、神原弁護士

(こちらは主ではなく従である、主導権は津崎氏の方にある)

青林堂ユニオン訴訟で、佐々木弁護士

(こちらが本命)

4359. 佐々木先生大人気

4430. 佐々木先生と私

あとは「木を隠す」ために作られた森に過ぎない。

瀬戸と小坪が共闘し、最終的には「ユニオン」をキーワードにまとまるつもりだったのだろう。

ユニオンはユニオンでも、東京管理職ユニオンと、関西生コンは全く違うことに、余命読者は気づけない。

さて、五期生以上のベテラン議員とも、かなりの数、お会いしている。
アップの許可を頂き忘れたり、もしくは「まだ出すべきではない」と私が判断したり。
 
そして、どの事務所でというのは伏せるが、余命の件も議論対象となった。
何をどこまで話したのかは、文字数が長くなりそうだから割愛する。
かなり多くの案件を議論してきた。
 
そうそう、ユニオン方面は頭を抱えておいたほうがいいと思う。
私は具体的な話しかしませんので。

https://samurai20.jp/2018/04/yomei/

小坪市議の「余命関連」の最初の記事に、すでにユニオンが組み込まれていた。

関西生コン支部トップ、武健一容疑者に逮捕状、幹部ら3人も逮捕【瀬戸さんを応援する人はシェア】

2018年11月21日

「関西生コンだけでしょうか」という問いは、国民の共通の疑問だろう。
それに応えるのが政治家ではなかろうか。
その他のユニオンについても、政治側のメスは入れるべきである。
・・・というのが、私の考え。

部会において、ユニオンが議案として審査対象となる可能性はある。
前回、上京したとき、それなりにハイクラスな方々と、ちょっと詰めた話をしています。
政治は”等価交換”だと私は思っておりますが、私もそれなりの働きをしたものがあって、
それが交渉として成立するかは、確実な自信はないのですけれど、
「なんとか、なるんじゃないかな」程度の手応えは持っています。

関西生コンを含め、ここを起点としてきたのが瀬戸さんたち。
ゆえに、今回の逮捕は完全に瀬戸さんたちの実績です。
(少しは私も関係しているかも知れませんが。)
私が起点としてきたのは、「労働問題を隠れ蓑としたユニオンの実態と、左派の活動資金源」という、少し範囲の広いものです。
ゆえに事例としては、ちょっと広い分野を扱っていて、私が目指すゴールは、上記で掲げた10項目みたいな内容。3つ4つぐらいは実現してみせたいな。
 
瀬戸さんたちが頑張ってくれたので、こちらも動きやすくなった。
さて、仕掛けるか。

https://samurai20.jp/2018/11/union-4/

残念ながら、「砲弾」としての余命60万将兵も、「砲身」としての小坪市議も、もはや一年前の勢いはどこにもない。

瀬戸氏はなんとかなるだろうけど、逆神効果が発動すると、どうなるかはわからない。

今、一番の崖っぷちは、この人だろうな。

日付はちょうど去年の
懲戒請求が話題になり始めた頃

903マンセー名無しさん2019/05/18(土) 12:56:18.53ID:tbKX0tYg 瀬戸、洗濯、藤木、青林堂、小坪、(小間使いの悪魔)

あたりで、余命は詐欺師だったが、憐れな懲戒請求者とウヨ界隈は純粋で利用されただけ

左翼弁護士は巨悪、ユニオンの仲間

我々が倒すので寄付金ください

↑この流れにしようとしてねーか?w

かなり正しいと思うが、私は一切、関係ない。それに、このスキームは完成する前に、弁護士さんからの提訴が粉砕してしまった。

もしも「弁護士会」が門前払いしてたら、誰一人「民事訴訟」を起こさなかったら(あるいは神原弁護士一人だけだったら) きっと、次の集金の口実は「対ユニオン」だったと思う。