4400. 帰化人の気持ち

長文コメントいただきました。以下、コピペ

「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」というブログがあります。このブログの紹介文です。


「新米帰化人です。在日朝鮮人の3世として生まれ親戚に本当の日本を伝えるために帰化を遅らせてきましたが、無事、帰化する事になりました。南朝鮮新聞は独特のウラ読みがあります。それを正しい歴史認識とともに帰化人の視点から書いて行きたいと思います。時々、ハングル併記もしたいと思います。」
ブログ主「金田」氏は、2018年に会社を定年退職。「今までできなかった様々な対反日活動に身を費やす事にした」とのこと。2015年に日本に帰化。


興味深い記事がたくさんあるのですが、その中で、大量懲戒請求に触れた記事を紹介します。朝鮮学校補助金についての考察はあまり深くありませんが、LAZAKに関する記述が意味深です。

———————————————————————–

◆在日朝鮮人弁護士が多いから反日を支援できるのか?(2018.5.22)http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/75714243.html
▽「朝鮮学校補助金主張」日本の弁護士に懲戒請求爆弾 (2018.5.22 ハンギョレ)東京弁護士会が2016年4月に出した「朝鮮学校に対する適正な補助金交付を要求する会長声明」だった。弁護士たちはこの声明で、文部科学省が朝鮮学校に対する補助金交付を再検討せよとの公文書を地方自治体に送ったことは不当だと明らかにした。  朝鮮学校は「各種学校」に分類されており、日本の地方自治体は朝鮮学校を外国人学校と見なして運営費と交流事業費の名目で補助金を支給してきた。しかし、2016年の政府公文書を契機に地方自治体は朝鮮学校に対する補助金交付を相次いで中断している。 (抜粋)


在日コリアン弁護士協会、というものがあります。在日朝鮮人弁護士の集まりで現在、130人近い会員を擁している、弁護士会の中で一大勢力となっている団体です。ここではあまり書けないような活動も行なっており、“一説によると”東京弁護士会の会長声明もこの団体が絡んでいるとか、いないとか。


幾度も書きますが、朝鮮学校が補助金を貰えないのは、純粋に彼らが出すべき書類を出さないからです。例えば、関東某県の監査では朝鮮学校に関して「支出の領収書なども一切存在していないし、部活動の活動についても詳細が一切存在しない」などと書かれる始末。内容は噴飯ものですが、全国の朝鮮学校はこういった日本の学校では当たり前の書類が全くといって良いほどなかったのです。書類を出さないのに補助金を出せますか?
良くも悪くも法治国家である日本は適切な届け出を行えば補助金が出てしまいます。私たちには忖度もしっかりとあるので、日本の学校よりも簡単に、しかも多く貰うことができます。それにも関わらず、日本の法を専門家として扱う弁護士会が当たり前の手順を吹っ飛ばして補助金を支払え!と言うのですから、国民から反発を喰らうのは自然の成り行きなのかも知れません。


「反日だから嫌われる」これは人情的な部分です。ですが、形式さえ整えれば、「反日でも支援を受けられる」これが日本という国の制度です。在日朝鮮人弁護士も増えましたが、彼らがいるから反日を支援できているのではなく、反日でも日本では大手を振って生きていけるという不思議な法の抜け穴を作られているから支援を受けられるのです。


日本という国は「反日」という癌を駆除していくのをもっと積極的に行い、それこそ、法を厳格に適用して反日を潰していく事が必要なのではないかと思うのですが、今回は少しブラック過ぎましたかね?

(以上、引用)

http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/75714243.html

————————————————————–
他、ざっと斜め読みした記事をいくつかピックアップ。
「在日朝鮮人は既に特別な権利を日本から掠め取っている 」2018.1.20http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/74029059.html「北朝鮮人を合法的に韓国に入国させる手段」 2018.1.23
http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/74136352.html「民団、新たな在日特権を要求する」 2017.6.11
http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/70957019.html「在日を念頭に入れた差別制度を作る韓国」 2015.11.17
http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/47912794.html

(以上、コメントありがとうございました)

真ん中に書いてあること、我々ネトウヨと帰化人は同じことを言ってるのですね。

北朝鮮の非人道的な状況に最も心を痛めているのは、在日だとも聞きます。朝鮮学校の子が北朝鮮に修学旅行に行くのに反対しているのは、民団系の在日さん。