4390. 第0次

第4から6までのPDFは

3716一見さんへ 2018.10.6.においてある。

1−3次と呼ばれるものは、「告発状」ではなく「告発委任状」なるものに署名をさせ、津崎氏が代表して送っている。

31. ○に意味なし   2016.9.25.

その前に、余命が最初に訴えたのが誰だか、三宅氏は知らないだろう。せんたくも知らないかもね。

罪状は

1.名誉毀損罪( 刑法第230条第1項)
2.信用毀損、偽計業務妨害罪
3.虚偽告訴罪
4.脅迫罪

余命が「地検」を相手に訴訟を言い出すようになって、いの一番に槍玉にあげたのは、当時の「反余命ブロガー」伏見顕正だった。

余命チームが、実は在日をターゲットになどしてないと端的に示している。

朝鮮総連を一度もターゲットにはしてない。外患誘致罪に一番、近い組織だと思うがねぇ。

余命1120記事(2016/8/3).....伏見ブログの対応については参院選、都知事選と忙しかったため投稿記事の整理もこれからだが、都知事選終了とともにすべてが動き出した。
まず、本日、伏見の一連の動きに対して刑事告発した旨の連絡がはいっている。
告発状そのもののコピー公開が法的にどうなのかわからないので、要旨だけ記述しておく。
1.名誉毀損罪( 刑法第230条第1項)
2.信用毀損、偽計業務妨害罪
3.虚偽告訴罪
4.脅迫罪
伏見グループの刑事告発および民事損害賠償訴訟はもう少し時間がかかるようだ。
この投稿記事のように、引用して投稿した場合も全画面保存して、証拠として残して追加提出する可能性がある。捜査の過程で調査が入ることもあるということなのでご注意。 告訴を予定されている方で、証拠書類の必要な方は申し出ていただければすべて提供する用意がある。10日過ぎには連絡先その他、詳細をお知らせできると思う。
なにしろ伏見関係の投稿記事には目を通す暇がなかったので、ざっと合間に見るだけでも数日はかかると思っている。
まあ、とりあえずは始まったということだ。大和会告発第一号は伏見事案だった。

https://yomei3f0nvz49ri.wordpress.com/2016/08/03/1120/