4388. 記録しろ!

バニ男さんが言う。パワハラがあるなら事実を記録しろと。

私も同じことをした。言ってないことを言ったと言われるのは防ぎようがないから、なるべく二人きりにならないように、会話をメールにするようにした。

何を言われたか記録に残すようにした(結局は、使わなかったけど)

相手が言う嘘を、必ず反論するようにした。泣き寝入りはしないと決めていた。

おそらく、相手が自滅することなかったら、ボイスレコーダーも使ってたと思う。

その闘争の経験が、そのまま、このブログへと反映されている。

今では、本家サイトは消えてしまっているが、魚拓は残っている。サポートブログも実はスクショで残してあるものもある。

「せんたく」のyoutubeサイトが消えたのは、本人は計算外だったようだが、その後から、upしなおしてないのは、彼としては黒歴史が消えてラッキーと思っていたフシがある。ところがどっこい、私が肝の部分だけは保管してあった。

余命ブログが無駄に長く、読者コメントばかりになって行ったのは、「めくらまし」効果を狙ったところもある。後から読もうと思っても、調べようと思っても、膨大ないらないコメントに邪魔されて、余命本人の言葉の証拠を見つけにくくなっていた。

私は自分が余命の言葉だけを拾えるように、鍵になる失言だけを拾ってブログに残して行った。せんたくの作ったブログは私のブログを参考に作られている。カミカゼじゃあの事件は私のブログの丸パクリだ。

1つ1つ、丹念にデマを潰していく。膨大な時間がかかったが、コンプ癖のある私は適役だったと思う。

目新しいことには力を発揮するが、すぐに興味が移ってしまうADHDの人には向いてない。どちらかと言うと「拘泥」の方に偏っている私の方が向いている。

残り1%まで来た余命事件。時効まで後二年。多くの人が興味を失っても私はまだヲチャとして残っているのだろう、そんな気がする。

興味わかない。
こっちに深入りするつもりはない。
当事者じゃないからね。