4212. 安楽椅子探偵

自分で取材に行かなくてサーセン。

職業ジャーナリストは取材、頑張ってください。
私はただの「余命ヲチャ」
ブログは個人の趣味(アフィなし寄付なし会費なし)
本職は別にあります(今は端境期)

私はネット世界に潜ります。余命はネット発ですから。

被害者を救おうって気にもなれないとのこと。

ま、それは自由だが、そんな接し方では相手は心を開かないだろう。

見捨てないでくれた、私にコメントをくれる人はそう言ってくれた。私の気持ちは、半分は「加害者」として冷たく突き放すものがあり、半分はそれでも彼ら「懲戒請求者」を余命の犠牲者だと思っている。

この「犠牲者だと思っている」部分だけが、相手を引き戻す力となると私は思っている。

渦中の当事者だから出来ることがある。余命読者なら誰でも「悪魔」の名前を知っている私の立ち位置だから出来ることがあるのではないか?と私は思っている。