4155. 思想信条表現の自由

自由のためなら死んでもいい、それが「真」のリベラル。

他人の表現の自由を叩き回すポリコレ棒を振り回してるのは、似非リベラル。

誰にでも弁護士をつける権利があるを体現した「江頭」弁護士は、宣教師である前に「弁護士」だったのだろう。

一方で、頭の中に罰金を科そうとしている人たちは「弁護士」である前に宣教師であらせられる。

自分と思想信条が合わない相手は顧客として認めない自由は、弁護士には認められている。

その点、自分の敵だろうが、重罪人の犯罪者だろうが、病人として平等に救う義務を背負っている医師って、辛い職業だ。偉い。

左翼の中に「真」のリベラルが居ない