4153. スクープの種3つ

もっとも後から参入して来た「タブロイド紙」日刊ゲンダイ。

ルポライターは「元」衆議院議員を「私人」に戻った後でも名乗る「国家権力」を背負うもの。

目の肥えた余命ヲチャを満足させるには、通り一遍のネタではツマラナイので、スクープの種を提供する。

ここ掘れ、ワンワン!

1、平成30(ワ) 14392

神原弁護士とお友達をアピールするならば、インタビューして聞き出すべきでしょうね。余命側からの一方的発信を野放しにするのは害です。

原告 神原元 宋恵燕

被告:山●●●● (代理人:一度は江頭節子弁護士だった)

(この事案では、被告から原告(神原弁護士)への反訴55万が提起されています、4月26日に何らかの裁判所の判決が出ていると余命はいってる)

もちろん、裁判記録の閲覧は「一次資料」として必須です。身元は「裁判記録の最後に」閲覧票が綴じ込まれます、一度でも自分で閲覧申請した方なら、ご存知だと思いますけど。

2、一般社団法人日本再生大和会「初代理事」橘香子の活動家名は?

余命が集めた資金は、5000万円程度あると言われている。

ウズシオとうずしお
2つも口座を持つ必要はどこにある?
個人名義の生活費口座に「不特定多数」からの入金は怪しいです。

その金庫番の女性です。

左下に余命が居ます。

でも、花時計のマダム「藤真樹子」が居ないのよね。
余命と瀬戸一門の2018年夏の温泉旅行の写真。
瀬戸氏の内弟子「有門氏」のブログよりキャプチャ。
右にいる白いシャツが余命三代目
NHKなど有名各社マスコミは、将来に備えて余命の顔を撮影して保存してあるから
見比べてみれば、本物だとわかるだろう。
白いカーディガンの女性が花時計の代表
手前の背中は「日本再生大和会」初代代表理事「鈴木金三」

同じく「有門氏」のブログより証拠保全にキャプチャした画像。
左に「日本再生大和会」初代代表理事
右に写っている黒いワンピースの女性が「花時計のクラゲ」
正面の青いワンピースが「花時計の雅」

「はすみとしこ」の相関図から「花時計」が消えている。

余命と花時計の繋がりを「消したい」意図が感じられる。隠したいものを暴くのが夕刊紙の真骨頂=スクープと言うものだが、にわかヲチャに出来るかしら?

3、会計士は誰だ?

余命の担当会計事務所は、「渋谷」の青林堂から徒歩六分。大橋公認会計事務所です。さて、担当者は誰でしょう?(ヒント:初代代表理事「小野誠」は知ってるようですよ)

一般社団法人には「決算広告」義務があるが一度も報告されたことはない。

余命は家賃滞納で、立ち退き裁判があるようですよ。

(せんたくブログよりコピペ追記)

平成31(ワ)6379

被告:羽賀芳和
(株式会社生きがいクラブ 代表取締役)
東京都板橋区高島平2-26-3-1427(特別送達転送OK)
戸田市 一般社団法人やまと 代表理事 上村直 受取(生きがいクラブの取締役も兼任)

平成31年3月14日訴状提出
建物明渡請求事件
訴額 584,264円
印紙額 6,000円
平成29年10月5日
セカンドハウスとして934号室の賃貸契約(1年毎更新 賃料81,200円 共益費込み、保証人が出せないため1年分の賃料前払い)
平成30年11月分以降家賃滞納
平成31年2月28日 契約解除
4月19日 調査報告書(生きがいクラブ及び やまと の登記簿謄本、被告羽賀の住民票添付)
債権目録 賃料の1.5倍の4ヶ月分 合計584,264円 仮執行付
4月24日 10:00 第一回公判
令和元年5月8日 13:10 判決

家賃を滞納するくらいですから、「税金」なんて払ってないのでは?

納税の義務を怠る不届きものを、「元」国会議員はキッチリ追い詰めることができるでしょうか?

本物の取材力とやらを、見せて貰おうじゃないの

金の流れを追う、基本中の基本。

数字に弱い人には無理だろうけど。