4125. 訴額150万円

昨日のせんたく放送で、彼が最近もらった「特別送達」の訴状の訴額は、150万円でしたって。原告は3名。

第1回の期日は6月7日、それまでに「選定書」を送れって余命は書いてるんだろうけど、それで訴額が上がるわけではないようで、よかったですね。

情報弱者を巻き込まずに選定当事者だけでバトルして下さる分には、構わないです。

双方、ファイト!

神原弁護士は7億対して3億の反訴を宣言してますが、「提訴」の意思ではなく「応訴」のための「選定書」を使い回された可能性があるので、取り下げを認めるようです。

大量懲戒請求損害賠償訴訟(事件番号:横浜地方裁判所 平成30年(ワ)第4206号 損害賠償請求事件)について

大量懲戒請求損害賠償訴訟(事件番号:横浜地方裁判所 平成30年(ワ)第4206号 損害賠償請求事件)について

弁護士神原元と弁護士宋惠燕との和解を希望する方は,以下の「訴えの取下書」及び「選定当事者の選定取消書」をそれぞれ4通ずつ,所定の内容及び選定当事者三名の氏名をご記入のうえ,費用(郵便切手1072円×3組)とともに,下記横浜地方裁判所第4民事部宛に提出ください。

〒231-8502 神奈川県横浜市中区日本大通9

横浜地方裁判所第4民事部 宛

訴えの取下書

選定当事者の選定取下書

送ろう、取り下げ書