4096. 今しかない(まだ間に合う)

まともに文章に起こしている時間がない。取り急ぎ。


事件番号を間違えてました。 正しくは「平成30(ワ)事件番号4206」

コメントいただきました

反訴までに取下げが間に合わなかった人、訴状が届いてやっと気づいた人は、気の毒です。
しかし、「もう遅い」から、何をしても無駄かというと、断じて否、と考えます。
たとえ原告が取下げに同意してくれなくても、きちんと非を認め詫びる主張をすれば、判決で考慮される可能性はあるし、裁判記録に残れば、詫びもしなかった他の読者とは違うということを示せる。
だいたい、間違ってたことに気付くことができたなら、詫びるのが筋です。
金銭的なメリットが無いからと黙り込んでしまうのは頂けない。
だから、悪魔さんが呼びかけを続けてくださって、本当に感謝します。
私も、できる範囲で、呼びかけていきたいと思います。