4065. クリスマス・イブ

ここに来て怒涛の余命更新は、明日のクリスマス会見の影響が怖いのだろう。

余命2729記事(2018/12/24)・・・・・佐々木亮弁護士と北周士弁護士は日弁連とともにすでに提訴手続き中である。
訴額も7億5900万円と決定しているが選定書に一部手直しがあり、本年中の受理は微妙な状況である。
また、それぞれ独自に1億円程度の民事が予定されている。
さらに件数が100件をこえそうなので、懲戒請求被害者の会を結成して10億円程度の民事を検討中である。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/12/24/2729%e3%80%80%e5%9c%a8%e6%97%a5%e3%80%81%e5%8f%8d%e6%97%a5%e5%8b%a2%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%af%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e2%91%a3

訴額が75900万円。759名100万コースの予定だが「選定書」を委任状と言い張っても受理はされない模様です。となると、72000万神原訴訟の方も、本当に受理されたんだろうか?と疑問になってくる。 1月31日に裁判がなかった場合、彼は「三木訴訟」(すでに第一回は10月に終わっている)と混同させるような発言でお茶を濁すつもりだろうか?

と書いてたら、また余命更新だ。今日は休む暇もないツイ廃状態・・・

余命2731記事(2018/12/24)・・・・12月25日に弁護士3人が記者会見をするという。それに会わせての出稿である。
10月29日NHKクローズアップ現代は2時間前、今回は1日前である。
理由はもちろん逃がさないことと証拠固めである。クローズアップ現代では直前のためNHKは対応ができなかった。今回の記者会見も直前まで余命が更新を止めていたため、あちこちに油断によるほころびがある。中止はできまい。
公表した数十件の提訴については撤回はできないだろうし、提訴に関する準備についても隙だらけである。心中覚悟でない限り、日弁連も腰を引くだろう。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/12/24/2731%e3%80%80%e5%9c%a8%e6%97%a5%e3%80%81%e5%8f%8d%e6%97%a5%e5%8b%a2%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%af%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e2%91%a5/

2731記事はあらかじめにショックを和らげるためだと意図をバラしている。彼ら実名で活動する弁護士が逃げるはずもなかろうに、会見を予定通りやられたとしても余命が「予定通りである」と言うためのツイッターコピペ記事。むしろ逃げているのは匿名の余命爺の方ではなかろうか?

それが証拠に、小倉弁護士からの情報開示請求が通ったことにはダンマリである。

ちなみに日弁連が小坪市議に送った回答には、

個別の弁護士個人による民事訴訟に日弁連は関与しない、よって腰を引くも何もないんだがなぁ。余命大先生は日弁連からの回答を読まなかったんだろうか?