4064. 余命更新の理由

1ヶ月以上の死んだふりで、もう二度と更新しないかと思われていた余命ブログがここにきて3連投な理由は、3つあるだろうと思われる。

1、明日がノース訴訟の1回目期日で記者会見付き。以前はNHKのクローズアップ現代に合わせて神原72000万訴訟をぶち上げてごまかした。ノース会見に対しては先に、あいつらテロリストとして国際社会に通報されてるだから犯罪者が何をほざいても動揺するなとのワクチン効果狙い。

2、神原72000万訴訟について、本当に印紙代を払ったことにしないと詐欺になってしまう。おそらく「せんたく」訴訟だけでは信者を安心させるには足らない、やはり弁護士への提訴がないとカウンターとして、訴訟ラッシュ(島崎・北・佐々木の提訴数はダブル金さんを上回る七十四人に上る)による動揺を抑えきれないのだろう。戦いが始まったのタイトルが物語る。本当は今年が最終年のはずだったのに、まだ「始まった」段階で止まってると言うツッコミは、もはや風物詩ですらある。

3、おぐりんターミネータが起動したことを、エックスサーバーの情報開示で知ったのだろう。情報が開示されてしまったからには、発信元IPを隠すための雲隠れに意味がない、よって再開し信者離れを防ぐ方に注力。

クリスマス会見で何か出れば、おそらく余命はまたブログを更新するだろう。

テロリスト呼ばわりは弁護士たちに対する明らかな名誉毀損だ。明日の記者会見で取り上げられないはずがないのに、自爆。[今回の余命記事、羊さんを「切り捨てる」ための記事じゃないかと深読みしてます。こいつは明らかにおかしいと思わせるための。]とテルミは言うけど、そこまで考えてるとも思えない。ただの追い詰められて慎重さよりは強さを求めざるを得なかったんじゃないかと思う。

情報開示請求が通っていれば、ブログで嶋崎弁護士をテロリスト呼ばわりしたことも、そこに原告団5名を加えたことも、完全に地雷を踏んだことになる。

余命2728記事(2018/12/24)・・・・佐々木亮弁護士とならんで労働問題では悪徳弁護士として結構名が売れている。
今回はその嶋崎量弁護士情報である。
もちろん国際テロリスト委員会にも北朝鮮制裁委員会にも登録されている有名人である。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/12/23/2728%e3%80%80%e5%9c%a8%e6%97%a5%e3%80%81%e5%8f%8d%e6%97%a5%e5%8b%a2%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%af%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e2%91%a2/

弁護士は信用商売だから、名誉毀損は業務妨害とも言える。

本気で怒らせても、これまでは読者が盾になってたが、ブログでの名誉毀損記事は余命本人に直撃する。

これまではブログを弁護士さんたちが、証拠を探す目で見てないと思って言いたい放題世界の片隅で叫んできた。そんな感覚でやらかしたと思えば、理解できなくもない。私としては大して損害賠償を取れない名誉毀損での民事よりも、虚偽告訴罪あるいは非弁行為などの刑事での検討を望みます。