3954. 謝ったら死ぬ病

凸ブログへのコメントをまとめておく。

前記事はこちら

3931. 凸のミスリード2

3930. 凸のミスリード

懲戒請求、プロとして (悪魔の提唱) 2018-11-29 22:37:09 出してみようかなの宿題がまだ残ってますね。

それと「最終章」

小坪市議のことは、もう飽きてもきましたが。

私は瀬戸先生自体が、余命について今、どう思っているのだろうと、有門ブログを読みながら思いました。

2017年の8月末に、せんたく共々、温泉合宿をした時には瀬戸先生の弟子が多く参加してたはずなんです。

彼らは幹部だから自分たちは懲戒請求してないのか、それとも、誰かは出してたのか?
その人に対するケアはあるのか?

瀬戸先生は人情に厚い人と聞きますが、それにしては何の動きも見えない。

余命が見捨てられたと嗤うよりも、私は瀬戸先生にまで見捨てられた羊が可哀想に思います。

Re:懲戒請求、プロとして (terumi_satoh) 2018-11-29 23:30:16 悪魔さん

瀬戸先生のことはね、内心リスペクトしてるんです。
メーリングリストを作られた当時、すでに余命からは離れていらっしゃいました。
多少付き合いがあった以上、何らかの手助けをということで、
羊さん用のメーリングリストを作られたものと思います。
それが、いい方向に動かなかったらしいのは、残念です。
瀬戸先生は、身元をしっかり確認してから
メーリングリストに加入できるようにしていらした。
名簿かなにかお持ちだったのかもしれません。
もう次の目標を持っていらっしゃいましたから、無理からぬこととは思います。

温泉合宿、写ってる方がたくさんいらっしゃいましたね。
「勉強会」と称して、お泊り会やってました。
多分ですけど、「川崎問題」がメインの勉強会ではないかと思いました。
花時計の人の読んでいた資料が、川崎問題だった。
余命がメインじゃなかったのだと思います。
スクショは、ついでに配られた資料じゃないかな。
余命生放送は、「おまけ」程度の扱いだったのかもしれません。

お弟子さんはユニオン問題に行って、
せんたくは余命に傾倒するあまり、逃げ遅れたんだと思います。
あと、お金。楽してお金がもらえると思った。
だから瀬戸先生の方には、カメラマンとして、はとらずチャンネルさんが
関西に同行した。

思いがけず瀬戸先生に見捨てられてしまった形になってしまったけれど、
羊さんたちにチャンスは与えてくださっていたと、私は思います。

私は逆に (悪魔の提唱) 2018-11-30 00:34:22 あの羊さんメーリングリストで
冷めました。

名簿を持ってるってことは、余命スタッフが居る。
その上、瀬戸さんは余命の身元を知って居る。

首謀者を突き出せば、末端信者は救われた可能性があった、
それをしなかった。

その点で、私から見たら、小坪市議も藤木氏も瀬戸先生も同罪だからです。

関西生コンも、おそらくスポンサーがついたから出来たことなんでしょうね。
そのスポンサーが誰だかを隠した活動が、見てて気持ち悪いと思うようになりました。

Re:私は逆に (terumi_satoh) 2018-11-30 20:58:28 悪魔さん

時期的に、名簿を藤木氏と瀬戸先生に流したのは明らかにせんたくなんですよね。
あの頃のせんたくは、お金を取り戻そうと必死で、藤木氏や瀬戸先生に
助けを求めていた。
藤木氏は、せんたくのお金を取り戻そうとしてたでしょう?
瀬戸先生が余命と離れたのは、
余命が川崎の件に本気で取り組むつもりではなかったからと見ています。
ブログでなんか書いてたのは、ポーズでしょう。
鬼怒川合宿のあと、瀬戸先生は余命とは切れたんだろうな、と思っています。

懲戒請求が明るみになったあの時点で、瀬戸先生にできたのは、
メーリングリストくらいかなあと私は思いました。

もちろん余命の正体を明かせば救われる人は多かったと思いますけど、
それは瀬戸先生の役割ではなくて、余命とべったりだった
せんたくの役割だと思われたのではないかと思います。
瀬戸先生のブログ欄は、余命の件を書くと常連に追い出される始末でした。

また、余命が助けを求めたのは、せんたくが縋った藤木氏や瀬戸先生ではなく、
小坪氏だった。
青林堂つながりではあろうけれど、それまでの経緯を知らない人だった、
というのも、小坪氏が深入りしたのには影響が大きいと思います。
小坪氏は数でしか人を見られない人ですから。

藤木氏や瀬戸先生は、余命の真実に気づいたから、深入りせずに手を引いた、
その代わりに何らかの手立てを講じた(藤木氏はよくわかりませんが)。
そこは評価したいんですよね。

関西生コン、もちろん寄付金だけでは賄えないと思います。
スポンサーがいるのは間違いないと思う。
ただ、第一線で動いてきたのは、瀬戸先生です。
上の人とツーショット写真でもなく、机上の空論をぶつけるのでもなく、
実際に陣頭指揮をとって動いてきた瀬戸先生の功績は大きいと思うんですよ。
私は、そこは評価したい。誰にでもできるわけじゃないもの。
だから、瀬戸さんに対しては「先生」をつけてます。

津崎さんと有門さん (悪魔の提唱) 2018-11-30 21:23:59 余命と在特会と、津崎さんをつなげたのは
有門氏と思われます。
有門氏は、瀬戸先生の内弟子ですよね?
(福島の農園に住み込みだったと聞く)

私は日本再生大和会のメンバーは「瀬戸先生」絡みではないかとすら思います。
(桜井の色があまりに薄いから)

津崎さんを余命が自分で拾ってきたとは思えないんですよね。

誰がメンバーを集めたか。

ミラーサイト管理人や2チャンネルのNGなどのネット工作部隊は和田議員繋がりだったかもしれないが、実働部隊は、瀬戸先生繋がりだったと私の目には見えます。

そこらへんが、これから裁判が続いていくと、いずれ、明らかになるでしょう。
それまで私は「一歩引いて」見ていくつもりです。

Re:津崎さんと有門さん (terumi_satoh) 2018-11-30 21:52:29 悪魔さん

余命の川崎にあった事務所は、津崎さんのワンコのお散歩コースなんですよね。
数百通のレターパック連番の中に、なぜか三方原郵便局出だしたものがあった。
数通だけです。
これは、津崎さんが出したんじゃないかな。
窓口で入力してあるから、持ち込みです。
ほかは高津局で出してあるのに。

こんなに近くに事務所を構えたのはなぜなんでしょう、
余命からよっていったのかな。
津崎氏は瀬戸先生とつながってました。
中止せざるを得なくなった川崎デモのときの動画にも出てましたね。
初代余命が亡くなった記事のその日に、津崎がブログを立ち上げています。
津崎と瀬戸先生、余命。
この頃にはもうつながりがあったと考えられますね。

蟻門氏は、確かに瀬戸先生の内弟子だったと記憶しています。
大和会、瀬戸先生絡みもあるような気がしてきました。
なんか、脳みそがこんがらがってきた。

和田さんが入ってくるとすれば、仙台パンダの人も入ってきますね。
あの人は元POJだったように聞いています。
違ったっけ……。
なんか、パズルみたいです。

小坪ですら (悪魔の提唱) 2018-12-01 06:18:22 小坪市議が「懲戒請求を煽ってない」のは私たちヲチャは知っている。彼は「後からやってきた人。

一方の瀬戸先生は、「第六次の告発を煽ってる」
第六次の告発状と懲戒請求書は同じ綴りの中に混ぜ込んで印刷物として「拒否の連絡をした人にまで」送りつけた。

その物理的な手配をしたのは、瀬戸一派(花時計を含む)も噛んでいるのが有門ブログの写真です。

彼らは川崎デモだけしか興味がないから、懲戒請求については一切の責任が無いとでも?

瀬戸一派に対して、そんな認識ならば、小坪市議を攻め立てる筋合いではないと思いますね。
彼は「和解」を阻害しただけで、そもそもの「懲戒請求」には関わってないのだから。

私は、小坪市議よりも瀬戸先生の方が余命には深く関わっていると見てます。

個人的に声をかけられれば「一歩引いて」見ることが出来ない、ファン心理が働くんですね。
と「悪魔の提唱」をしておきます。

生コンの業績?
そんなの関係ない話です。

Re:小坪ですら (terumi_satoh) 2018-12-01 16:47:22 悪魔さん

蟻門さんのフログは未チェックでした。
確認してみます。ありがとうございます。

余命と瀬戸先生に関しては、せんたく繋がりだと思ってました。
せんたく生放送に数回ゲスト出演してましたから。
瀬戸先生と花時計は最初からつながってたと思います。
津崎さんも瀬戸先生とはつながってたでしょう。

おっしゃるとおり、瀬戸先生も、余命の懲戒請求には関わってますね。

六次のレタパが届き始めた頃、ヤング倉庫に、
「おたくから覚えのないレターパックが届いた」と凸すると、
「いらないなら捨ててください」と言われました。
五次に参加した、不要な人にまで送りつけていたということですよね。

じゃあ、瀬戸先生たちは懲戒請求者データをどこから持ってきたんだろう?
最初に大和会に電凸したとき、電話に出た女性は
「データをそのまま業者に渡して、レターパックにラベル張りしてもらっている」
ということだったので、
大和会が何らかのデータに落とし込んでいたということになります。

そのデータを、瀬戸先生と共有してたとすれば、
最初からグルということにはなりますよね。
データ入力を最初から瀬戸先生の関係者がやっていたとすると。
懲戒請求者のデータを瀬戸先生と共有していたとか、
瀬戸先生を通して何らかの交渉をしていた、
PDF作成とか、大和会HP作成とか、そういうものを担っていたとすれば、
手を切ると同時に大和会のHPが閉じられたのかなあ、とも思います。

瀬戸先生がいたからプロジェクトが進んだ、空気を入れていたとすると、
瀬戸先生は大悪人ですよね。

であれば、私は瀬戸先生に対する認識を変えなければならなくなります。

別に、私は瀬戸先生のファンではありませんよ。
ああ、頑張ってらっしゃるなあと思ってるだけ。
あれは、瀬戸先生にしかできませんでした。

ブログに資料を (悪魔の提唱) 2018-12-01 20:06:07 いただきました。

少なくとも「日本再生大和会」の実態は、在特神奈川、花時計、瑞穂尚武会、つまり瀬戸先生との関わりは深いでしょう。

瀬戸先生個人が懲戒請求者の名簿は持ってなかったでしょうけど、持ってる人とのコネクションはあった。

せんたくの「やまと」になった段階では切れたのかもしれませんが、そこで縁を切ったから罪はないとでも?

そんなこと言ってたら「いやおうなく第三者」の余命や、残酷な「逃げ屋」、寝返った「せんたく」の罪の追及なんか出来ません。

本当に羊を救いたければ、今こそ、瀬戸先生は何か言うべきだと思うのですが、それを、なさらない。
生コンにしか興味はなくて、彼にとっては過去のことなんだと思うけどね。

引っ張り込まれた人にとっては、捨てられたも同然。

彼ら活動家にとっては騙される方が悪いんでしょう。私は少なくとも瀬戸先生はそういう人じゃないと思いたかった。
でも、メーリングリストを作って、実際に彼は何をしたのですか?

救うポーズだけなら、藤木氏と瀬戸先生は同列です。

Re:ブログに資料を (terumi_satoh) 2018-12-01 22:48:20 悪魔さん

手元に実際の資料があるのは大きいですね。
大和会の最初の理事は在特会の神奈川の人。
副理事っていうのが女性だったので、花時計?
瑞穂尚武会は津崎さん一人でしょうが、全部に瀬戸先生が絡んでますね。

鬼怒川合宿のあとから余命をせんたくに押し付けて、
みんな逃げ出したように見えます。ネズミが逃げ出すみたいに。
筋が悪いと気づいたみたいに。

少なくとも、余命の泥沼からうまく逃げ出したのは間違いないですね。

もともと、川崎の関係ではあられたので、それで余命ともつながりができたのか、
初代余命の周りにいた「若い者」の中に瀬戸先生の関係者が入っていたのか。

確かに今、瀬戸先生の言葉はほしいです。
あのとき、実は何が起こっていたのか。
と言っても、おそらく瀬戸先生にとっては余命は
「片手間」というか、「報告を受けるだけ」じゃなかったかと思うんです。
合宿はあくまで余命単独ではなく「保守合同合宿」だったので、
ただの資料として手にされたものだったのかもしれない。
「うちはこんなことやってます」的な。

いずれにしても、瀬戸先生にとっては余命は過去のものだと思っています。
そこは、私も同意します。
ただ、余命にがっつり噛んでいたとは、思えないんですよね。
もちろん、弟子が噛んでいたなら、師匠がなんとかせえよ、とは思うけど。

余命と直接連絡をとれる仲でいらっしゃるのは間違いないですし、
生きがいクラブの作られた経緯、というか、目的もご存知だった。
「税金対策のために立ち上げたと聞きました」と言うことでしたが、
余命本人から聞いていたのか、関係者から聞いたのかはわかりません。

私が連絡した際は、余命に会う約束を反故にされたと聞きました。
(おそらく羊さんから)
「余命に連絡が取りたい、裁判沙汰になるとか、一体どうなっているのか」
とヘルプがあったとかで、その方と一緒に余命に会う約束をしたのを
余命側から反故にされたと。

瀬戸先生は、少なくとも一人の羊さん(?)のために、余命に合う約束を取り付けた。
おそらく、自分が出たほうが確実だと思われたのだと思います。
余命も逃げづらいのでは、と。
結局、余命は瀬戸先生から逃げ出しましたけど。
メーリングリストを作ったのは、その方のためもあるのかな、と思っています。
結局は救われなかったけれど、羊さん同士の横のつながりは必要だと、
私も思っていましたし。

瀬戸先生は熱い方だと思う。一方的な思いですけど。
メーリングリストは、
「不安に思っている羊さんのためのメーリングリスト」だったと思いたい。
横のつながりを作り、いろんな意見が言えるようにするため、
最終的に、羊さんたちの気持ちを和解に持っていくための。
今、メーリングリストの中がどうなってるのかも知りたいですね。
今となっては、阿鼻叫喚かもしれませんけど。

とっちらかってて、とりとめもなく書き散らかしてごめんなさい。

メーリングリストに (悪魔の提唱) 2018-12-02 06:22:12 愛想を尽かしたと言う人が、こちらのブログに来てましたでしょ?
「隊列を乱すな!」
「援軍は来る!」
「余命を守れ!」
「一歩、前へ!」
のオンパレードだそうですよ。

誰か一人の羊のために「何か」したはず?
あなたも藤木氏と同じことを言いますね。

そこまで瀬戸さんに肩入れする義理は私にはないです。

彼にとっては数ある活動のうちの一つで、余命に出した(使われた)弟子たちは、自業自得なんでしょう。うまく逃げ出した人と逃げ出さなかった人、判断を誤ったからには自己責任なんでしょうね。

余命と面会を求めることができる「権利」を持っていて、1度、余命が会談に来なかったぐらいで、自分は「義務」を果たしたとばかりに忘れてしまうことが出来る。

結局、彼ら活動家は自分たちが間違っていたと認めることができない「謝ったら死ぬ病」にかかってるんですよね。

私は今回の余命騒動で、保守界隈でも特にこちら界隈の残酷さを目のあたりにして、心寒い思いです。

スポンサーという名の商売敵からお金をもらったプロ同士でやってて欲しい。
素人を巻き込むな!と言いたいです。
保守速報も、同じ。草の根の保守運動なんて、こりごり。

お願いがあります (悪魔の提唱)2018-12-02 06:30:58私は瀬戸氏とは接触した履歴がありません。
その点、あなたの方が彼に近いことは明らかです。

私はツイッターで弁護士さんに話しかけて来ました。実行者の後ろに「余命」がいることの周知に努めてきました。末端は刑事罰を見逃し、本命に迫って欲しいと繰り返し訴えて来ました。

あなたはツイッターはなさらないが凸が
仕事のはず。

どうか、瀬戸先生に凸ってください。
そして、羊たちに「和解」を呼びかけてくださいとお願いして欲しい。
ちょうど、北・佐々木・嶋崎の最初の六人プラス18人の訴状が出たところです。
でも、彼らは「大人の対応」で和解をまだ受け付けてくれています。

今こそ、瀬戸先生の「撃ち方、やめ!」の一言が人を救えると思う。

あなたから瀬戸先生に言って貰えませんか?
大阪の生コンも区切りがついて「はとらず」は大阪から戻っているくらいだから、瀬戸先生にも余裕が多少はあるはず。

今こそ、凸ってくれませんか?
お願いします。

とり急ぎ (悪魔の提唱) 2018-12-02 06:48:27 今日はこれから出かけるので、お返事またずの連投でごめんなさい。

もし、瀬戸先生が「他人事」のような顔して知らぬ、関わらぬと言われたら、私はそれこそ、最初から深く関与して引くに引けないんだと解釈します。(今までの彼の行動はその解釈に当てはまる)

他人事が本当ならば、冷静に「和解」を呼びかけることが出来るはず。

最初からグルだったのか、余命を切り捨てたのはポーズだけなのか。忘れていたことを呼び起こされて、どう反応するか。

Re:メーリングリストに (terumi_satoh) 2018-12-02 07:29:57 悪魔さん

メーリングリストがうまく機能しなかったのは残念な限りなんです。
あの頃は、羊さんたちも不安が勝っていた。
メーリングリストで気が大きくなったり、「仲間がたくさんいる、イケイケ」
になったのも、今考えれば無理からぬことですね。
瀬戸先生がやったメーリングリストは、そういう意味で逆効果だった。
今なら、そう思います。

瀬戸先生にとっての弟子たちは、簡単に切り捨てられるものではないと思いたい。
だから「夫婦は一世、親子は二世、師弟は三世」っていう言葉があるわけで。
案外、そのために余命を切ったとも考えられますよね。

活動家は誤ったら死ぬ病、同感です。
でもね、謝らない代わりに、自分の関わったことで
何らかの行動を起こす、それも大事なことだと思うんです。
少なくとも瀬戸先生は、何らかの行動を起こした。
そこについては評価できると思うんですよね。

まとめてのレスになりますが、瀬戸先生には私からメールをしてみます。
あまり期待はできないと思いますが、
ツーショット写真の小坪氏の顔を見たら、瀬戸先生に対してはリスペクトがある。
突っぱねるかもしれないけど。
でも、瀬戸先生の言うことには従うかもしれない。
何しろ、活動家上がりですからね。
私にどれだけのことができるかわかりませんが、
確かにやって見る価値はありますね。

Re:小坪ブログに (terumi_satoh) 2018-12-05 08:29:51 悪魔さん

瀬戸先生からの返信はないですね。
ここは、悪魔さんの「悪魔の提唱」が正しかったようです。
瀬戸先生はもっと、「一般の人は巻き込まない」っていう意識のある方だと
思ってたんですけどね。
残念です。

私は花時計の岡代表に、ちゃんと仁義を切りました。

https://yomeiblog.com/2018/09/21/3620-%e5%87%b8%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f/

でも、返信はなかったですね。だから雅さんに対して斟酌するのは辞めました。彼女は岡代表に切り捨てられたんです。

せんたくがyoutubeで生放送をやってた頃の、余命温泉合宿の一コマ。
花火レクはこの回だったか、次の回だったかは知らない。
雅さんはキムパクリーと名乗って乱入。
まだ、せんたく余命生対談が始まる前だったので、
当時は神の声と「余命」は呼ばれてました。

彼ら全員、仲間を見捨てて自分だけは生き延びようとしている。

活動家ってのは、そういう生き物なんだとまざまざと知りました。

Unknown (Unknown) 2018-12-02 17:44:43 花菱さんが例外中の例外だったんでしょうな。花菱さんは活動家でなかったからこそ(自分の意見を他の人と共有するのが目的で、支持者集めて偉そうにするのが目的ではない)過ちを認めれたのだろうけど、あそこまで責任を持てる人なんてそうそういない。

瀬戸が「撃ち方止め」を宣言するのであれば、自分の非を謙虚に認めたからではなく、宣言することで活動家としての自分に有益な展開になるときだけでしょう。和解するようお願いするのなら、倫理的に説くだけでは無理ですよ。メリットも見せないと。

Unknowさんは勘違いしてると思うが、私たち反余命が「メリット」を提示する必要がどこにあるもんですか。私は彼ら活動家が花菱さんに匹敵する責任感を持ってないことを確認したまでです。小粒ばかりを責めて、大物に対して目をハートにして見逃してるテルミンのミスリードが許せなかったんでね。

羊を救うのは私の義務じゃない、彼ら「余命の正体を知るもの」たちがやるべきことだ。本来なら羊は私に死刑を願ったものたちだから、破滅していくのを私は黙って見てればいい立場なんでね。