3945. 平成19年の判決

先日、教えてもらった2チャンネルの別のスレに行ってみた。

まとまってたから貰います。

354名無しさん@1周年2018/12/04(火) 06:27:00.43ID:L/z2Xj0M0>>372>>353
「懲戒請求は誰でも行うことができ、窓口は懲戒請求の対象弁護士または対象弁護士法人の所属する弁護士会である」(弁護士法第58条)の解釈。
平成19年4月24日
最高裁判所第三小法廷判決
平成17年(受)2126号
懲戒請求の規定について
「しかしながら,他方,懲戒請求を受けた弁護士は,根拠のない請求により名誉,信用等を不当に侵害されるおそれがあり,
また,その弁明を余儀なくされる負担を負うことになる。そして,同項が,請求者に対し恣意的な請求を許容したり,
広く免責を与えたりする趣旨の規定でないことは明らかである。」
「請求者に対し恣意的な請求を許容したり,広く免責を与えたりする趣旨の規定でないことは明らかであるから,
同項に基づく請求をする者は,懲戒請求を受ける対象者の利益が不当に侵害されることがないように,
対象者に懲戒事由があることを事実上及び法律上裏付ける相当な根拠について調査,検討をすべき義務を負うものというべきである。」
補足意見
「懲戒請求が事実上又は法律上の根拠を欠く場合において,
請求者が,そのことを知りながら又は通常人であれば普通の注意を払うことによりそのことを知り得たのに,
あえて懲戒を請求するなど,懲戒請求が弁護士懲戒制度の趣旨目的に照らし相当性を欠くと認められるときには,
違法な懲戒請求として不法行為を構成すると解するのが相当である。」
余命儲他馬鹿向けに要約
1.懲戒請求を弁護士に対する嫌がらせに使ってはならない。そのような権利を裁判所は認めない。
2.懲戒請求に過失のある場合には賠償責任を請求者は負う。
3.過失責任である以上、故意責任のある場合には当然に賠償責任を請求者は負う(余命三年こと羽賀芳和は明示的に業務妨害目的であると発言)。
4.過失の有無についての判断において裁判所は素人なる理由で忖度しない(補足意見について)。

条文としては民法709条(故意/過失のある懲戒請求の場合)。
355名無しさん@1周年2018/12/04(火) 06:41:01.35ID:2rvHi6I60 >>353
不当懲戒請求は虚偽告訴罪だ。
詳しく知りたければググれ。
今回は集団迷惑行為もプラスされより悪質になっているので威力業務妨害も訴えることが出来るだろう。

404名無しさん@1周年2018/12/04(火) 12:45:06.40ID:2rvHi6I60>>407 ちなみに弁護士側は十分抑制的に行動している。
弁護士自治が絡んでいるので警察を丸頼りしていないがこれだけの件数で嫌がらせを受けているんだから最初から
警察に被害届を出してさっさと逮捕してもらってネトウヨ達に前科と刑事罰を与えた方が手間も掛からないし効率的だ。
手間も掛かるのに示談から始めてくれたのは随分優しい対応なんだぞ。
405名無しさん@1周年2018/12/04(火) 12:45:52.12ID:ZdJpoyTZ0 >>402
自分の損害すら回復出来ない弁護士に客は来ないw
特に今回は原告が企業法務弁護士や労働事件のエキスパートだから馬鹿は屠殺しないと信用問題。

408名無しさん@1周年2018/12/04(火) 12:47:50.98ID:2rerozer0>>410>>393
本職ってだれ?
憲法のもととなる国民主権を考慮に入れた名判決の橋下徹判決を否定しているのは某ゼミナールの先生だが
そいつは柴田からも伊藤からもフルボッコにされていたな。

415名無しさん@1周年2018/12/04(火) 12:54:13.16ID:vY6NhQGk0>>419>>402
本件が青林堂パワハラ事件の後日談的性格を有する
ことを考えると佐々木弁護士にとっては勲章か
撃墜マークみたいなもの

ノースライムにとってもネット総会屋的な扇動に
一歩も引かず賠償取れる弁護士との評判が確立して
企業防衛方面のお仕事拡大に有利

418名無しさん@1周年2018/12/04(火) 13:38:10.64ID:2rvHi6I60 >>417

生憎橋下判決が該当する”可能性”があるのは余命だけで余命についても取り纏めやフォーマット提供等を行っており
不当懲戒請求の共謀を行ったと見なし得るのでまず逃げられない。
不当懲戒請求については類似の判例を見る限りネトウヨが逃げられる余地はない。

426名無しさん@1周年2018/12/04(火) 15:00:27.93ID:/gTFg7S20 >>421
そっちは刑事だろ?
訴えるには十分だろうけど逃げられたら意味無いだろ。
だから信者の証言を取ってからじゃないかな。

プロバイダの情報開示裁判も未だだろ。
その辺りでもブログへの青林堂からのアクセス記録が見つかったりするかもよ。